悪魔城ドラキュラ(X68000)

【発売日】 1993年7月23日
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”悪魔城ドラキュラ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

コナミから1993年7月23日に発売されたX68000用ソフトのアクションゲーム。

悪魔城ドラキュラシリーズのX68000での作品。

システムはステージクリア型の2D横視点スクロールアクション。

ゲーム内容は新規に作られた本作オリジナルであるが、基本的にはシリーズ第1作『悪魔城ドラキュラ』(FC版)のリメイクといった趣きであり、ストーリー文もまったく同じであるほか、ゲーム中にもそれを意識した箇所もみられる。

公式サイトにも銘打たれているが、当時の高性能パソコンX68000の性能を生かした極上の最高品質であり、機種自体マニア向けのためゲーム難易度は高めに設定されている。

音楽はX68000内蔵音源バージョンに加え、外部MIDIに対応したバージョンも用意されたハイクオリティーサウンド。

なお本作はX68000でのコナミ最後の作品となった。

特筆としては、背景やエネミーに妥協なきギミック・演出を施したことで、耽美色を極力排除し、ホラー色をシリーズ最高峰にまで高めている。

結果として、FC版シリーズ第1作で意図されていた、B級ホラー映画的な世界観が遺憾なく再現され独特の味わいと趣を齎している。

またプレイ感覚の面においては、トラップ要素は低くはないものの、FC/SFC版に頻繁に散見された1発死トラップは少なく、個性的かつ絶妙な配置の地形と雑魚敵や、練りこまれた動作のボス敵などの対処に重点を置いた攻略を要求される。

1周目3ブロック以降の被弾ダメージは一律4ゲージであり、4回の被弾でミスとなるため雑魚敵への対処にはそれなりの綿密性と反復練習を要する。

この点は本作の難易度を高らしめてはいるが、同時にゲームとしての寿命を長くもしているゲームバランスである。

主人公シモン・ベルモンドを操って、悪魔城を攻略し魔力の玉を取りドラキュラを倒すことが目的となる。

シモンの操作はファミコン版とほぼ同じであるが、本作ではジャンプ中の鞭の真下打ちと斜め下打ちが可能となっており、サブウェポンには回復アイテムが加わっている。

悪魔城内は8つのブロックから成り、1ブロックは3つのステージに分割されている。

ゲームクリアするとエンディング後に難易度の上がった2周目に突入し、その後も何度でもループする。

2周目以降は、敵の出現数が増えるだけでなくボスの攻撃頻度が多くなったりトラップが難しくなったりする。

難易度は6周目まで上がり、それ以降は変わらなくなる。

6周目では、女神像の血の涙が鼻血になっていたり、割れる鏡に落書きがあったりなど背景に遊びも見られる。

記事の引用元はここをクリック

悪魔城ドラキュラ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【悪魔城ドラキュラ(最新無料動画はここをクリック)】