蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン(X68000)

【発売日】 1985年5月15日
【発売元】 光栄
【開発元】 光栄
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”蒼き狼と白き牝鹿” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

光栄(現コーエーテクモゲームス)から発売された歴史シミュレーションゲームである。

舞台を13世紀のユーラシア大陸と北アフリカに広げ、大陸を征服するのが目的である。

元々は『蒼き狼と白き牝鹿』というタイトルでカセットテープ版で発売されたもののバージョンアップ版であった(そのため、本作を「チン2」とよぶことも)。

しかし、媒体としてフロッピーディスクやROMカセットが普及したこと、『信長の野望』『三國志』とともに本作を「歴史三部作」として大々的に打ち出したこと、その後のシステムの基となる要素を多く含んでいたこともあって、いつの間にか第一作のような扱いを受けるようになった。

シナリオは「モンゴル編」と「世界編」の二つ。

サブタイトルにもなっているジンギスカンは「モンゴル編」ではそれ以前の名前であるテムジンとして登場する。

「モンゴル編」でプレイできるのはテムジンのみ。

モンゴル編を1205年の冬までに統一すると将軍候補(他の作品の武将に当たる)、后、子ども、人口と資産の10分の1を保有して「世界編」に移行する。

そして、ユーラシア大陸の征服を目指す。

本作では「統率力」「判断力」「説得力」「企画力」「体力」「武力」というステータスがある。

これらはコマンドの成否に影響することは少なく、一種の行動力として扱われている。

つまり、コマンドを実行するたびにこれらの能力を消費するのである。

一つの季節が1ターンというのは『信長の野望』とも共通している。

また、内政系のコマンドが少ないため、3回も命令できるというのは『信長の野望』より楽そうに見えるが、人事、属国(コンピュータへの委任国)への指示、資産売買、軍の再編・強化、自己鍛錬、情報収集、オルドとやるべきことが多いので、実は結構シビアである。

日本ではミリタリーや戦国ものが多い中、モンゴルの民族争いにスポットを当て、また主役であるテムジンにまつわるエピソードをゲームシステムに取り入れているのは面白い。

特にオルドによる、「自分で配下を生み出せる」というシステムはそれを象徴するものだと言える。

ある意味で後の新武将や武将エディットに通ずるのではないだろうか。

また「信長の野望」「三國志」では一族であろうと「配下武将」の枠を出なかったのに対し、本作はそれらを特別な存在として発展させている。

これまでの一国統一から世界への飛翔は、ただ単に広大な世界へと飛び出して行くだけでなく、当時の権力者の支配欲や野心を表すリアルさを醸し出している。

国ごとの特産品や音楽も、様々な文化があるという視点から世界の広さを魅せている。

プレイの自由度は高く、自由な戦略とさまざまな戦術を考案したり、実行できたりするのも本作の魅力である。

ただし、他の光栄の作品と違い、コマンド・能力・時代などにクセのあるところが多いので、万人向けとはいいがたく「歴史三部作」の中ではいまいちマイナーなシリーズではある。

しかし、現在でも熱狂的なファンが多く、ファンによるシリーズのHPも少なくない。

記事の引用元はここをクリック

蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン(最新無料動画はここをクリック)】