A列車で行こうIII(X68000)

【発売日】 1990年12月
【発売元】 アートディンク
【開発元】 アートディンク
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”中古 A列車で行こう ソフト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

アートディンクが開発した都市構築型の経営シミュレーションゲーム(ミニスケープ)のシリーズである。

システムとゲーム内容が大幅に見直され、目的地に向けて線路を建設していくという従来のパズルゲーム的な要素から、鉄道経営をメインとしたシミュレーションゲームへと内容が大幅に変化した。

現在に至るA列車シリーズの源流となった作品である。

鉄道路線を建設し会社を運営しながら、オフィスビルやホテルなどの様々な子会社を経営し都市全体の発展を目指す。

ゲーム画面は、2Dトップビューから、クォータービューへと変化し、当時としては非常に美しい町並みだった。

またインターフェイスは、メニューアイコンから様々なウィンドウを呼び出すマルチウィンドウタイプとなり、当時のMS-DOSゲームとしては大変珍しい物だった。これまでは客車列車、貨物列車、A列車、大統領等の専用列車の4種類しかなかったが、これ以降様々な種類の実在する列車がゲーム上で扱われていくことになった。

記事の引用元はここをクリック

A列車で行こうIII(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【A列車で行こうIII(最新無料動画はここをクリック)】