FZ戦記アクシス(X68000)

【発売日】 1990年10月10日
【発売元】 ウルフチーム
【開発元】 ウルフチーム
【ジャンル】 アクションシューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”FZ戦記アクシス” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ウルフチームが開発したクォータービューのアクションシューティングゲーム。

1990年10月にX68000用とメガドライブ用で発売された。

斜めからの立体的な視点(クォータービュー)を採用したロボットアクションゲーム。

日本テレネット時代のウルフチームの代表作でもある『ファイナルゾーン』(1986年)のシリーズ作品。

8方向移動(方向キー2度押しでダッシュも可能)とショットボタンで自機を操作。

全部で14個装備できる特殊兵器は、シールドの役目も果たし、装備している数だけ敵からの攻撃を防御してくれる。

ステージ最後には大きなボスが登場し、撃破することで1ステージクリア。

目指すは要塞アクシス。

X68000版は、ディスク3枚組の1枚まるまるオープニングに使用。

オープニングを見ない場合は、残りの2枚で起動できる。

パッケージイラストは美樹本晴彦が担当した。

「クォータービュー」という造語を初めて用いた作品である。

同様の視点でのゲームは過去にも存在したが、これ以前は特に呼び名は付いていなかった。

記事の引用元はここをクリック

FZ戦記アクシス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【FZ戦記アクシス(最新無料動画はここをクリック)】