クレイジー・クライマー(X68000)

【発売日】 1993年8月27日
【発売元】 マイコンソフト
【開発元】 電波新聞社
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”クレイジー クライマー” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1980年に日本物産が発売したアーケードゲームで、縦スクロールのアクションゲームである。

クライマーが命綱なしで超高層ビルを登るというゲーム内容で、レバー2本使用という操作形態をとっている。

クライマーは、腕を下ろしきると上の階の窓枠に手がとどくようになっている。

こうして、腕を下ろしてはもう片方の腕を上げ、また腕を下ろしてはもう片方の腕を上げるという繰り返しでビルを登っていく。

素早く登るコツは、肩叩きの要領でリズミカルに左右交互にレバーを上げ下げすることである。

しかし動作には若干のタイムラグがあり、モーションを考慮に入れて腕が充分に伸びきってから上げた腕を下ろさないと、ジタバタするばかりで一向に登ることはできない。

更にこのとき、あまりに早くレバーを動かしていると、まれに腕が充分伸びきっていない(支えを持っていない)状態で反対側の手を動かして(離して)しまいミスになることがある。

一列の窓枠に沿って上っていくのが基本だが、両腕を広げることで二列の窓枠にまたいで登ることもできる。

ビルの窓はランダムに開け閉めされていくので、閉じている窓や閉まろうとしている窓を避けるために臨機応変に登り方を変える必要がある。

プレイヤーは開いている窓にしか手をかけられない。

手が掛かっている窓が閉められても手を挟まれることはないが、窓枠に片手しか掛かっていない状態でその窓が閉められてしまうと支えを失い転落死してしまう(同じ窓に両手を掛けている時にその窓が閉まった場合も同様)。

登るモーションの最中は片手にしか体重が掛かっていないため、閉まろうとしている窓を使って登るのはもっとも危険である。

道中ではビルの住人から物が落とされるほか、さまざまな妨害がなされる。

200階建てのビルを登りきり、屋上で待っているヘリコプターに手を掛けるとステージクリアとなる。

X68000版は、シャープのX68000で電波新聞社がリリースしていた『ビデオゲームアンソロジー』のシリーズ第5弾として発売。

アーケード版のクレイジージークライマーとクレイジークライマー2とのとカップリングで移植。

先に発売の『ビデオゲームアンソロジー vol.4 リブルラブル 』に同梱されていた専用十字パッドでも操作可能だった。

なお、設定変更で選べる「海外版クレイジークライマー」は、日本国外に権利を持つ曲の一律差しかえを行っているが、実際の基板ではそのような変更はしていない。

記事の引用元はここをクリック

クレイジー・クライマー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【クレイジー・クライマー(最新無料動画はここをクリック)】