J.B.ハロルドシリーズ マーダークラブDX(X68000)

【発売日】 1989年
【発売元】 リバーヒルソフト
【開発元】 リバーヒルソフト
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”マーダークラブ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

リバーヒルソフト及びアルティより発売されているゲームソフトのシリーズ。

架空の警察官・J.B.ハロルドを主人公とした、アドベンチャーゲーム。

1980年代から1990年代にかけてリバーヒルソフトよりパソコン(PC-9801など)で発売され、人気を博しシリーズ化された。

実写さながらのリアルなイラストと、事件の背後にある人間関係を綿密に描いた重厚なシナリオを特徴とし、本シリーズはリバーヒルソフトの出世作となった。

第1作。

1986年(昭和61年)8月発売。

対応機種はPC-88、PC-98、FM-7、MZ-2500、X1。

1988年(昭和63年)にはMSX2に、1989年には「マーダークラブDX」としてFM-TOWNS、X68000に、同年6月30日にはファミリーコンピュータ(移植担当はセタ)に、1990年(平成2年)11月23日にはPCエンジン CD-ROM²に、2008年2月21日にはニンテンドーDS、2010年にはiOS、2017年にはAndroid、Nintendo Switchに移植されている。

また、PC-88版、PC-98版、X68000版はプロジェクトEGGで復刻版が配信されている。

アメリカの片田舎リバティタウンで刑事を務めるJ.B.ハロルドは、わずかな手がかりを元に証拠に乏しい殺人事件の真相へと迫る。

記事の引用元はここをクリック

J.B.ハロルドシリーズ マーダークラブDX(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【J.B.ハロルドシリーズ マーダークラブDX(最新無料動画はここをクリック)】