スタークルーザー(X68000)

【発売日】 1989年4月14日
【発売元】 アルシスソフトウェア
【開発元】 アルシスソフトウェア
【ジャンル】 アクションアドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”中古 スタークルーザー ソフト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

アルシスソフトウェア(後のサイバーヘッド)が1988年に発売した3Dアクションアドベンチャーゲーム、ならびに同ゲームに登場する宇宙艇のことである。

メガドライブ版は、メサイヤ(当時は日本コンピュータシステムが保有していたブランド)からリリースされた。

PC版(PC-8800シリーズ版(SR以降)、X1turboシリーズ版、PC-9801版、X68000版)とメガドライブ版は若干異なっている。

3Dで展開される、スペースオペラ的世界観の作品で、メガドライブ版は同機初のポリゴンシューティングゲームだった。

PC版、MD版とも当時持ち得る技術を惜しみなく引き出していた。

PC版「1」の迷宮戦での戦闘が敵にぶつかるとバトルフィールドへ移行し、小さなフィールドで戦うのに対し、メガドライブ版と「2」では3Dフィールド内で自由自在に射撃を行うことができた。

「2」のオープニングで「1」の戦闘がVOID戦役として紹介される。

宇宙空間の敵が表示上とは違う方向に移動している不具合や、回転の操作性が悪く、敵を追跡する際の難易度が高いという欠点が存在した。

「2」ではともに改善された。

開発当初から回転の操作性を向上することになっていたが、発売直前まで修正されなかった。

コマンド戦闘は操作系の問題を解決する目的も含めて開発途中から導入されていた。

ファミコン版スターラスターと違い、升目ごとに閉鎖された宇宙を蛇行するのではなく、広い宇宙を飛んでいるため、便宜上、ワープを使わなくても目的の惑星近くまで飛ぶことはできるが、着陸には「ビーコン」というデータ(ゲーム内のフラグ)が必要になる。

なおX68000版より前のバージョンでは取り込み画像を加工したものだったが、X68000版以降は権利関係の問題もあり、アニメ調となっている。

記事の引用元はここをクリック

スタークルーザー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スタークルーザー(最新無料動画はここをクリック)】