ゼビウス(X68000)

【発売日】 1987年6月25日
【発売元】 電波新聞社
【開発元】 電波新聞社
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ゼビウス” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

言わずと知れた縦スクロールSTGの金字塔。

数々の斬新な試みが行われ、アーケードゲーム業界だけではなく他業界をも巻き込んだムーブメントを起こした。

メイン開発者は当時ナムコに入社したばかりだった遠藤雅伸氏。

全16エリアの縦スクロールシューティング。

エンディングはなく、16エリアクリア後は以後7~16エリアを延々と繰り返すループゲー。

自機「ソルバルウ」は2つの武装を有しており、対空ショット「ザッパー」と対地ショット「ブラスター」を使い分けて敵を狙い撃つ。

ザッパーは自機前方に真っ直ぐ発射される。

本作に耐久のある敵は存在せず、全種一撃で倒すことができる。

ブラスターは自機前方にロックオンサイトに向けて射出されるが、着弾までに若干のタイムラグがあるため、移動する地上砲台などは先読みして投下する必要がある。

また、ブラスターに狙われたことを察知して回避を試みる敵も存在する。

地上物にロックオンサイトを合わせると赤く光る。

一見何もなさそうに見える場所でも、というのがポイント。

本作はSTGのみならず、ゲーム全体に様々な革新的技術を導入した一作である。

当時のシューティングゲームはストーリーなどほぼあって無きが如しであった。

しかし遠藤氏は「敵はどんな奴で、何の目的があって戦うのか。この2つを含めて、あらゆるゲーム設定に何らかの説明ができるよう根拠を作っておく必要がある」と考え、「ファードラウト・サーガ」と呼ばれる世界観を用意した。

極めて高い完成度を誇り、80年代STGファンなら知らない人はいないだろう傑作。

今日でも通用するグラフィックの質も高いといえる。

なお、本作を語る上で欠かすことのできないだろう「バキュラに256発ザッパーを当てると倒せる」は不可能であることが判明している。

記事の引用元はここをクリック

ゼビウス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ゼビウス(最新無料動画はここをクリック)】