パックランド(X68000)

【発売日】 1994年12月9日
【発売元】 マイコンソフト
【開発元】 電波新聞社
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”中古 パックランド ソフト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1984年8月にナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)が稼動を開始したアーケードゲーム。

それまでドットイートゲームとして開発されてきた『パックマン』シリーズとは異なり、純粋な横スクロールアクションゲームとして開発された。

迷子になった妖精をフェアリーの国まで連れて行き、無事に送り届けることが目的である。

キャッチフレーズの「不思議なことが当たり前」のとおり、進行と共に様々に変化する冒険心を感じさせる色彩豊かなステージや、パックマンのちょっとした行動に連動させた非常に多くの隠しフィーチャーを盛り込んでいるという点が特徴的である。

また、同社の名前を捩ったボーナス得点「7,650点」(ナムコ=765の意味)を作中で多用し、印象付けている点も特徴のひとつである。

プレイヤーは主人公のパックマンを操作し、邪魔をしてくるモンスターたちをかわしながら制限時間以内にラウンドをクリアしていく。ただし、制限時間を過ぎてもミスとならずにモンスターである「スー」が高速で追いかけて来るようになり、同時に「ヘルメット」や「魔法の靴」など、パックマンが持っているアイテムをすべて失うというペナルティが課される。

従来の『パックマン』シリーズと同じく「パワーエサ」が用意されている。

通常はモンスターをやり過ごすしか手段はないが、このパワーエサを取ることで一定時間モンスターを撃退できるようになる。

パワーエサを取ったパックマンにモンスターは怯えて青くなり、パックマンから逃げていく「イジケモンスター」と化す。

パックマンはこれらイジケモンスターを撃退することでゲームを有利に進めていくことができる。

また、パワーエサの効果としてジャンプ力が飛躍的に上がり、高い場所にいるモンスターも撃退することができる。

パックランドはパックマンの自宅からフェアリーの国までの往路とフェアリーの国からパックマンの自宅までの復路という形で構成され、1回往復するまでを1つのトリップと呼ぶ。

トリップは4ラウンドから構成され、最初の3ラウンドで迷子の妖精をフェアリーの国まで送り届けに行き、残りの1ラウンドで自宅まで戻るということを繰り返す。

トリップは全部で8つあり、トリップ9以降からはトリップ5のマップに戻って以後ループとなる。

記事の引用元はここをクリック

パックランド(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【パックランド(最新無料動画はここをクリック)】