ボンバーマン(X68000)

【発売日】 1991年4月19日
【発売元】 システムソフト
【開発元】 システムソフト
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ボンバーマン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

PCエンジンで初めて発売されたボンバーマン。

ボンバーマンの外見がファミコン版と比べてがらっと変わり、現在のスタイルに近いものになった。

本作は日本物産から移籍した藤原茂樹がプロデューサーを担当しており、以後の作品でも開発に大きく関わっている。

当然のことではあるがPCエンジン版で出たことでFC版に比べて色鮮やかで、サウンド面も向上している。

それに加えてボンバーマン自身の頭身もファミコンの時よりも少し増えた。

ステージ最終エリア毎にボスの概要が導入された。

最終エリア毎に様々なボスが登場するようになり、FC版にあった“ただひたすら敵を全滅&アイテム取得→出口探索”といった単調な作業感が若干ながら薄れた。

ボスステージは1画面のソフトブロックの無いマスを跋扈しており、通常の敵に比べてやや大きめに描写。

ハイライト感を与えてくれる。

爆風を数回当てると倒せるとは言え無効な部分があったり、不意打ちをするかの如くワープ、爆発を誘発させるガス攻撃と単調に爆風を当てればいいという訳ではないギミックが荒削りながら仕組まれている。

倒せば出口が出現し、ステージクリアとなる。

ファミコン版からあらゆる点で進化し現在のスタイルに近くなった。

この時点ではまだまだ欠点も目立つが、恐らくこのゲームがなければ現在のボンバーマンは存在しなかっただろう。

記事の引用元はここをクリック

ボンバーマン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ボンバーマン(最新無料動画はここをクリック)】