アメリカ横断ウルトラクイズ(FM TOWNS)

【発売日】 1994年
【発売元】 富士通パソコンシステムズ
【開発元】 富士通パソコンシステムズ
【ジャンル】 クイズゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”アメリカ横断ウルトラクイズ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1983年にタイトーより発売された。

コンピュータゲームにおける最初の日本テレビ公式ライセンス作品。

大会で実際に出題された問題から厳選したものが収録されている。

新問題に差し替えたバージョンアップ版が「PART5」までリリースされた。

スタートボタンと、1~3のボタンを使用。

ゲームは全15ステップで構成されている。

まずはステップ1の「後楽園」からスタートする。

各ステップでは「○×」または「3択」のクイズ問題が5問出題される。

誤答するとプレイヤー残数(画面右下に表示されるウルトラハットをかぶった人の表示数)が1減る。

すべての問題を答えた時点でプレイヤー残数が残っていれば、正解数にかかわらず勝ち抜けとなる。

ときどき「正解するとプレイヤー残数が1つ増える」問題が出題されることがある。

プレイヤー残数がなくなると、1ステップにつき1回だけ敗者復活戦に挑戦できる。

ここでは2択クイズが出題され、正解できないとゲームオーバーとなるが、正解すると復活となる。

ステップ3のみクイズではなく、自由の女神を相手に「ジャンケン」を行う。

「ジャン・ケン・ポン(アイ・コデ・ショ)」のタイミングで1~3のボタン(グー・チョキ・パーに対応)を押して手を出し、相手に3回勝てば勝ち抜けだが、負けもしくは手を出さずに時間切れが3回になると、プレイヤー残数にかかわらずゲームオーバーとなる。

記事の引用元はここをクリック

アメリカ横断ウルトラクイズ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【アメリカ横断ウルトラクイズ(最新無料動画はここをクリック)】