パワーモンガー(FM TOWNS)

【発売日】 1992年5月1日
【発売元】 イマジニア
【開発元】 イマジニア
【ジャンル】 リアルタイムストラテジーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”パワーモンガー” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

エレクトロニック・アーツより1990年にパーソナルコンピュータのAmiga用ゲームソフトとして発売されたシミュレーションゲームである。

開発はピーター・モリニュー率いるブルフロッグ。

PC-98やX68000といったAmiga以外のパソコンや家庭用ゲーム機向けにも移植されている。

「パワーモンガー」とは「権力の亡者」と言う意味である。

かつて国王であったが戦乱により祖国を追われたプレイヤーは、海を越えて別の文化圏に流れ着いた。

そこの先住民「ハロルドII世」の抵抗を武力で排除し侵略を進め、王国の再建を目指すといったストーリーとなっている。

なお、プレイヤーと同様の野心を持った第三勢力も2つ存在する。

世界観としては、欧州の中世を連想させる。

登場する武器は剣や弓や大砲などである。

ゲーム内容は、『ポピュラス』(1989年)の発展型とも言えるものとなっており、将軍(及び隷下の兵)に大ざっぱな命令を与えた後は、リアルタイムに進行する。

地形は全てポリゴンで描かれており、自由に拡大・縮小・回転できる。

世界は縦15×横13の195マップで構築されており、左上の隅からスタートしたプレイヤーは、右下隅の敵本拠地を目指し進軍していく。

進軍経路はプレイヤーが任意に選ぶことができる。

各マップでは人口の2/3を支配下に置くと勝利となり、次の進軍先を選択する事ができる。

主に町を攻略し、支配下に置くことで人口を確保することができる。

なお、兵士も人口に含まれるため、自分の兵士以外の全ての人間を殺害することでもクリアは可能である。

記事の引用元はここをクリック

パワーモンガー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【パワーモンガー(最新無料動画はここをクリック)】