ポピュラスII(FM TOWNS)

【発売日】 1993年1月29日
【発売元】 イマジニア
【開発元】 イマジニア
【ジャンル】 リアルタイムストラテジーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ポピュラス” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ゴッドゲームの先駆けである前作の続編。

プレイヤーは様々な奇跡を起こせる神となり、神を信奉する信者の発展を間接的に促し、一方で敵対する悪魔教徒を滅ぼすのが目的。

プレイヤーは「ゼウスと人間の女性の間に生まれた青年」という設定。

敵として16人の神が登場し、各3ステージが用意されている。

フィールド上に味方信者・敵信者が存在する。

この味方信者を増やし、敵信者を一人残らず倒すとステージクリアとなる。

「信長の野望」「ファイアーエムブレム」のような陣取り合戦・・と言えば間違ってはいないが、本シリーズの特徴は味方信者の行動を個別に制御できないことであろう。

信者たちは平地があれば建物を作り、建物の収容可能人数からあぶれると勝手気ままな方向へ新たな平地を探しに行く。

目の前に底なし沼や火柱があろうと、平気で突っ込んでいく。

そんな彼らを導く方法として、「奇跡」「神の啓示」を操作することとなる。

奇跡を使って敵を殲滅するという、独特の爽快感。

パズルアクションとしての完成度の高さ。

人間達を高みから見下ろし、それこそ神にしか出来ない行為を用いて「自分を崇拝しない人間どもは殲滅する」という、ある意味自己中心の極みを味わうことが出来る作品。

ゴッドゲームというジャンルを確立した前作から順当に進化し、シミュレーションゲームとしての達成感をアップさせた良作と言えるだろう。

記事の引用元はここをクリック

ポピュラスII(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ポピュラスII(最新無料動画はここをクリック)】