マーブルマッドネス(FM TOWNS)

【発売日】 1991年6月
【発売元】 ホームデータ
【開発元】 ホームデータ
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”マーブルマッドネス” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

自機のビー玉(マーブル)を操作しゴールを目指すクォータービューのゲーム。

クォータービューで描かれたマップ上で、重力にしたがって転がるボールをゴールまでたどり着かせればクリアとなる。

ボールには慣性が効いており、急に止まったり曲がったりはできない。

もちろん重力にも左右される。

ステージは基本的に直線と直角で構成されている。

ゆるやかなカーブなどはない。

コースから外れ、落ちてしまうとミス。

高いところからコースに落ちると、一時的に操作不能になる。

より高いところから落ちると、ボールが割れミスとなる。

道中には障害や敵等が仕掛けられている。

独特の操作感と、斬新なゲーム性。

進みやすい広い場所、逆にボールの直径とほぼ同じ狭い道、直角に曲がりくねるコース、斜めに降りる坂、途中分岐、ジャンプで越える谷間など、様々な要素で構成された各コース。

さらにこれに前述の障害や敵が加わる。

またほとんどは降りていくコース構成だが、一部に上がっていくコースもある。

音もお洒落ならグラフィックやギミックもお洒落で、不思議な生き物が画面の中で活き活きとうねうね動く。

数少ない「トラックボールを生かしたゲーム」としては至極シンプルな楽しさを持ち、また側で見ていても楽しいゲームである。

1991年、X68000、PC-9801、FM-TOWNSの各移植版が発売された。

基本的にマウス操作でプレイする仕様だが機種によってはトラックボールでもプレイでも可能。

記事の引用元はここをクリック

マーブルマッドネス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【マーブルマッドネス(最新無料動画はここをクリック)】