ラストハルマゲドン(FM TOWNS)

【発売日】 1989年7月
【発売元】 ブレイングレイ
【開発元】 ブレイングレイ
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ラストハルマゲドン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1988年にブレイングレイが発売したコンピュータRPGである。

人類滅亡後の地球を舞台にした異色の設定である。

ドラゴンクエストシリーズなどに代表されるファンタジー系に対するアンチテーゼとしてのシナリオは、当時は衝撃的だった。

12種類の魔物が昼・夜・サルバンの破砕日(各月の1日)のチームに分かれて、黙示録の謎を解き、戻らずの塔を攻略することになる。

腕力、体力、攻撃力、防御力、魔法力、悪運などそれぞれのパラメーターはレベル分けされていて、魔界へ戻れば一日に一回だけ全パラメーターが回復することも最大限に利用して、パーティー分けをする必要がある。

通常のRPGと異なる点は、モンスター達が主人公であり、限られた場面のみ人間が登場する。

また、アイテムなどを購入する店舗がなく、モンスター自身が道具・武具の作成をしなければならない。

モンスターはレベルが上がるにつれ姿が変化するが、特に総合レベル17と総合レベル34になると、別のモンスターから細胞を得て、融合してより一層醜くなっていく。

特にスライムとの融合は醜さに拍車を掛けることとなる。

真実に迫る内容、また人間とは何だったのか、謎を解き明かした後の衝撃的な結末は世紀末を迎えるプレイヤー達に衝撃を与えた。

またストーリーが進行するとともに出てくる、人類の英雄に対する史観は斜に構えていて逆転している(特にノアやナポレオン、ヒトラーに関するもの)。

FM TOWNS版は、CD-ROM3枚組。

パッケージは紙ボックスではなく、一般的な3~4枚組のCD用の厚みがあるプラスチックケース。

CD-ROM3枚組だが、使用容量は約8MBで、3枚とも同じ内容のファイル、違いは起動IPLの有無と音声トラックのみである。

ゲーム進行を記録するために、別途3.5インチ2HDのフロッピーディスクが1枚必要。

当時のFM-TOWNSは本体RAM容量が標準で1MBか2MBの二種類あり、それに合わせて「SMALL MEMORY VERSION」と「LARGE MEMORY VIRSION」のどちらかで起動する。

前者は、画像のアニメーションパターンが若干削減される。

オンラインマニュアルが実装されている。

ゲーム中でも閲覧可能。

それに対して、紙マニュアルは非常に簡素。

操作系は、FM-TOWNS専用ジョイパッドのみ。

概ねの仕様はPC版に準じる。

ゲーム画面のレイアウトは、他機種に準じる。

画面モードは、640×480/TrueColor中256色モード。

戦闘を除くイベント時のみ、320×240表示になる。

レイアウト、解像度に違いがあるがX68000版と同一である。

グラフィックは、基本的に256色モード用に書き起こされている。

イベントシーンのグラフィックのデザイン・枚数は原作のPC-88版とは若干異なる。

レイアウト、解像度に違いがあるがX68000版と同一である。

オープニングも含め、BGMおよび主要なイベントはCD-DA音声で再生。

BGMは大幅にアレンジされている。

一つのイベントに対し、一つのCD-DAトラックにイベントの音声とBGMがまとめて収録されている関係上、パーティの編成が固定で、パーティの編成に応じたイベントシーンのバリエーションは無い。

同じ理由で、アゾット剣を入手できるキャラクターが固定である。

結果として、各パーティで1つずつしか、アゾット剣を保有できない。

108枚の石版は、見た順番に自動的に番号が割り振られていく仕様で、108箇所ある石版のどれから見ても、銘文が表示される順番は同じである。

銘文は音声ではなくテキスト表示となる。

発売時期の1988年夏当時の初代FM-TOWNSは、CD-ROMドライブのシークタイムが特に遅かったため、「CD-ROMゲームは遅い」という非難の矛先によく上るゲームだった。

記事の引用元はここをクリック

ラストハルマゲドン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ラストハルマゲドン(最新無料動画はここをクリック)】