トランキライザーガン(アーケードゲーム◆セガ)

【稼働開始日】 1980年
【発売元】 セガ
【開発元】 セガ
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”セガ アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

セガ(後のセガ・インタラクティブ)が1980年に発表したアーケードゲームテレビゲームで、シューティングゲームとアクションゲーム両方の性質を備え持つ。

ゲームに使われている画面やキャラクタ、音などはいたってシンプルだが、この頃のセガのゲームの中で『ヘッドオン』『ディープスキャン』『侍』『モナコGP』と並び、よく知られたゲームの一つとして名を残した。

プレイヤーがハンターを操作し、猛獣に麻酔弾(トランキライザーは、正式には抗不安薬の意味)を撃って眠らせ、眠らせた猛獣を檻を牽引したトレーラーに運ぶ事が目的で、4種類の猛獣を眠らせると面クリアとなる。

ハンターが眠っていない猛獣に接触するとミスとなり、ハンターの数が0になるとゲームオーバー。

面クリアをしなくてもハンターがミスしなければ、延々とプレイできる。

フィールドはジャングルの密林となっており、通路が迷路状になっている。

スコアなどの表示の一部がジャングルの中に組み込まれているのが特徴。

フィールド自体は一種類しかなく、面クリアをしても同じフィールドが現れる。

ゲーム内容からして「現在では発売すると動物保護団体からクレームがつくかも知れない」と『マイコンBASICマガジン』のレトロゲーム紹介記事にてこのように評価されている。

本ゲームはコロコロコミックで連載されていたゲーム漫画『ゲームセンターあらし』では、エレクトリックサンダーを生み出すゲームの一つとして登場した。

記事の引用元はここをクリック

トランキライザーガン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【トランキライザーガン(最新無料動画はここをクリック)】