スペースパニック(アーケードゲーム◆ユニバーサル)

【稼働開始日】 1980年
【発売元】 ユニバーサル
【開発元】 ユニバーサル
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”LSIゲーム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1980年にてユニバーサルからアーケードにてリリースされた横視線固定アクションゲーム。

酸素の限られた宇宙にて、主人公を操作してちょこまかと動くエイリアンどもを全滅させるのが目的となる。

全16面ループのエンドレスゲーム制。

本作はレバーと2ボタン(穴掘り、穴埋め)を使用する。

ステージは6つの段差があり、段差のあちこちに”はしご”が架けられている。

段差やはしごを利用し、主人公を移動させながら行動を起こさなければならない。

穴掘りの地形に主人公を落とすと、下の地形に落下する事ができる(ミスなどのペナルティはない)。

落下中は無敵である(着地と同時に無敵は解ける)。

その場にて穴掘りボタンを連続で何回か押せば、段差にいる主人公前方の地形に穴を掘らせる事ができる。

但し、一番下の段差には穴を掘る事はできない。

穴が掘れるのは下から2段目以降の段差のみとなる。

また、はしごのある床は穴を掘ることができない。

穴掘りボタンの押す回数が少ないと、不完全な浅い穴ができあがってしまう。

穴が浅いと問題を起こしてしまう可能性がある。

穴を掘った地形の前で穴埋めボタンを何回か押せば、掘っていた穴を埋められる。

この「穴堀り」と「穴埋め」の操作は本作を攻略する上で重要課題となる。

地形に穴を掘り、敵をその穴におびき寄せれば穴中に閉じ込める事ができる。

閉じ込めた敵に近づいて穴埋めを行えば、敵を穴の下の地形に突き落として倒せる。

垂直に貫通させた穴を掘り、複数段落とすことで高得点となる。

本作は『平安京エイリアン』や後発の『ロードランナー』に『バーガータイム』と非常に似通ったルールを採用している。

穴掘りと穴埋めの動作はまんま平安京のそれと一緒である反面、横視線のアクションゲームなのであちらとは差別化が図られている。

また、横視線アクションではロードランナーとバーガーが近いが、ロードランナーは一堀りで穴が出来(自然修復で修復時に敵味方問わずその中にいるキャラはロスト)、目的がターゲット回収&脱出、バーガーはターゲットを落として敵を潰したり落としたりしていく&ターゲットを全て落としきればクリアと差別化が図られている。

ステージ中ではBGMが一切流されず、主人公を歩かせる度に「ピピピピピピ」「ボボボボボボ」といった、いわゆるビープ音しか聞こえない様が不気味かつ味わい深い雰囲気を醸し出している。

また、敵を穴に落とした時の効果音が『スペースインベーダー』のショット音を流用している模様。

ミス時は平安京エイリアン同様、モンスターに喰われる描写がある。

死亡時のポーズにいくらかのバリエーションがある。

既存のゲームを短期間でマッシュアップして新作に仕立て上げるユニバーサルの作風であるが、残念ながら本作はやや不出来な部類に当たる。

Mr.Do!やレディバグに比べても稼働期間が短く、当時でもすぐに見かけることが難しい状況になってしまった。

アイデアは良かっただけに、本作の失敗は後に活かされることとなる。

同社の『Mr.Do!』の続編『Mr.Do! VSユニコーン』は本作のシステムをモチーフとしており、ある意味本作のアッパーバージョンともいえる。

記事の引用元はここをクリック

スペースパニック(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スペースパニック(最新無料動画はここをクリック)】