バーニン’ラバー(アーケードゲーム◆データイースト)

【稼働開始日】 1982年11月
【発売元】 データイースト
【開発元】 データイースト
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”レトロアーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1982年11月にデータイーストより発表されたアーケード用ドライブアクションゲームである。

デコカセットシステムを使用している。

データイーストの初期から中期にかけての作品。公道上の定められた地点への到達を目的とするゲームである。

他車との順位の競い合いはなく、到達以外に面クリアに必須とされる要素(時間制限、着順、燃料残量など)はない。

但し、進路となる道路には「極端に左右に曲がった箇所」「途切れた箇所があってジャンプでのみ進行可能な場所」「他車」など、進行を邪魔する要素が立ちふさがる構成となっている。

4方向レバー、ジャンプボタンを使用して自車を操作する。

レバーを左右方向に入れると自車が左右に移動、上方向に入れると加速、下方向に入れると減速となる。

上方向に入れると画面中央付近までは自車位置が上方に移動し、それ以上上に入れつづけるとスクロール速度が上がる。

下方向に入れると自車位置が下方に移動しつつ、スクロール速度が下がる。

100mi/h以上になるとジャンプボタンを押下することにより、ジャンプを行うことができる。

ジャンプ中は自車がやや拡大、縮小という、上空から見てジャンプ中であることを示す演出が効果音とともに行われる。

上空からの平面図で表現されたスクロール画面に公道が表示され、各面に定められた地点に到達することがゲームの目的である。

目的地到達により面クリアとなり、全32面でループする。

道路のまわりは4面ループで四季の移り変わりが演出されている。

記事の引用元はここをクリック

バーニン’ラバー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【バーニン’ラバー(最新無料動画はここをクリック)】