ポパイ(アーケードゲーム◆任天堂)

【稼働開始日】 1982年12月
【発売元】 任天堂
【開発元】 任天堂
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ポパイ 任天堂” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ほうれん草を食べると超人的パワーを出す主人公ポパイで有名な同名のアメリカンカートゥーンアニメのゲーム化作品。

セーラー服男ポパイとその恋人オリーブ、ポパイのライバルで恋敵の大男ブルートを取り巻く三角模様を軸にしたアニメ作品で、本作はその構図を生かして制作されたシンプルなアクションゲームである。

プレイヤーはポパイを操作する。

操作は移動と攻撃(パンチ)のみ。

はしごや階段の前でレバーを上下すると昇降可能。

3ステージループ制で、どのステージも画面上でオリーブが投げてくるハートや音符、アルファベットを全て受け止めればクリア。

オリーブの投擲物を拾わずに一定時間放置するか、障害物に当たると1ミス。

障害物は恋敵のブルートに始まり、彼の投げる瓶やいじわる魔女シーハッグの落とす髑髏、ハゲタカのバーナードなど多岐にわたる。

起動すると、いの一番にアニメで流れたポパイのテーマ曲が流れる。

版権ゲームでテーマ曲が流れるのは稀である。

いわゆるキャラゲーに分類される作品の最古参でありながら、任天堂らしい秀逸な作りとなっている。

一発逆転アイテムのほうれん草やステージ2の赤ん坊スウィーピー、現れては消えるいじわる魔女シーハッグなど、原作(アニメ)を彷彿とさせるゲーム設定に原作愛を感じられる。

このゲームは、キャラクターの知名度もあいまって80年代のゲームセンターで相当な人気があったらしく、証拠に3本あるファミコンの同時発売タイトルに選ばれた(残りの2本は『ドンキーコング』と『ドンキーコングJR.』)。

キャラゲー故バーチャルコンソールでの配信は絶望的であるが、任天堂ならではの丁寧な作りのゲーム性と原作を大事にしたキャラクター性が光る良作と言えるだろう。

1981年に液晶電子ゲーム機『ゲーム&ウオッチ』でもポパイが題材のゲームが発売されており、こちらも人気作であった。

記事の引用元はここをクリック

ポパイ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ポパイ(最新無料動画はここをクリック)】