カンガルー(アーケードゲーム◆サン電子)

【稼働開始日】 1982年
【発売元】 サン電子
【開発元】 岐阜特機
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”LSIゲーム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1982年にサン電子がアーケードにリリースした横視線の固定画面アクションゲーム。

猿の集団にさらわれてしまったカンガルーの子供を救出する為に、ボクシンググローブを着用した母親カンガルーが猿達に挑むというストーリー設定。

全4ステージ構成のループ制。

全ステージをクリアすると、難易度の上がった状態でのステージ1からのループとなる。

母親カンガルーを操作し、画面上部(ステージ3は画面中央部)に待つ子供カンガルーに触れればステージクリアとなる。

子供カンガルーの待つ先には敵である猿軍団や段差が待ち構えており、それらを乗り越えなければならない。

どちらかといえばあまりメジャーな動物とはいえないであろうカンガルーが主役であり、「子供カンガルーの為に母親カンガルーが助けにいく」という涙ぐましい設定が特徴。

母親カンガルーの前足にはボクシンググローブが着用されており、ボクシングスタイルで猿どもに挑む様がユニークである。

当時としては珍しかった「格闘要素のある横視点アクションゲーム」。

本作が発売された当時における横視点アクションゲームというと、ドンキーコングを代表するジャンプアクションが多かったが、ボタンを押す事で任意にパンチが出せる同ジャンルの作品は珍しく、本作以外では「ポパイ」程度しか無かった。

グラフィック周りは背景が黒一色なのが寂しいもののファンシーさが上手く描かれており、当時の基準としてはそれなりに書き込まれている模様。

カンガルー親子以外にも「可愛らしくも憎らしいやんちゃな小猿」「やけにいかつい容姿のツッパリコング」といった敵の面子も魅力的である。

BGMはクラシック音楽の楽曲が採用されている。

ステージ開始時は「トルコ行進曲」、ステージ中は「アメリカンパトロール」、ステージクリア時は「おおスザンナ」、ベルに触れると「ウェストミンスターの鐘」が流される。

一般的には俊足動物というイメージにあるカンガルーだが、このゲームの母親カンガルーはかなり鈍足で動きがもっさりとしており全然素早く動いてくれず、それが難易度上昇の原因となってしまっている。

記事の引用元はここをクリック

カンガルー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【カンガルー(最新無料動画はここをクリック)】