ゼビウス(アーケードゲーム◆ナムコ)

【稼働開始日】 1983年1月29日
【発売元】 ナムコ
【開発元】 ナムコ
【ジャンル】 シューティングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

ファミコン FC ゼビウス SFC ソフトのみ ソフト単品 Nintendo 任天堂 ニンテンドー 【中古】 4900000000276 送料無料

ファミコン FC ゼビウス SFC ソフトのみ ソフト単品 Nintendo 任天堂 ニンテンドー 【中古】 4900000000276 送料無料
680 円 (税込) 送料込
評価 5
ご利用前に必ず【決算 配送 返品】欄をご確認ください。《セット内容》 ・ソフト ※ケースなどその他付属品は基本的に付属いたしません。 《状態》 中古品となりますので多少のスレキズ、焼け、やや汚れがある場合がございます。 下記につきましては欠品率が高いものとなり..

WAVE メモリアル・ゲーム・コレクション シリーズ 「ゼビウス」 ソルバルウ GM-026 2018年再販

WAVE メモリアル・ゲーム・コレクション シリーズ 「ゼビウス」 ソルバルウ GM-026 2018年再販
3,168 円 (税込)
■商品仕様 ■プラスチックモデルキット ■ノンスケール ■接着剤不要のスナップフィットタイプ ■エアブレーキは開閉選択式 ■敵キャラ「アンドアジェネシス」をイメージしたベース付属 ■マーキングシール付属 ※写真の完成品は組み立て、塗装を施したものです。 ※写真の完成品は..

【エントリーでポイント10倍!(3月28日01:59まで!)】【中古】PCエンジンHuカードソフト ゼビウス ファードラウト伝説

【エントリーでポイント10倍!(3月28日01:59まで!)】【中古】PCエンジンHuカードソフト ゼビウス ファードラウト伝説
3,800 円 (税込)
発売日 1990/06/29 メーカー ナムコ 型番 NC90004 JAN 4907892031128 関連商品はこちらから ゼビウス  ナムコ 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)から1983年1月に発表されたアーケードゲーム。

ジャンルは縦スクロールのシューティングゲームである。

発表時のキャッチコピーは「プレイするたびに謎が深まる! ~ゼビウスの全容が明らかになるのはいつか~」である。

『ギャラクシアン』(1979年)や『ギャラガ』(1981年)などと並ぶナムコシューティングの名作として大ヒットし、タイトーの『スペースインベーダー』(1978年)に次ぐ売り上げを記録。

後にさまざまなパソコン、家庭用ゲーム機に移植された。

森や砂漠、海などの自然を舞台としたステージ展開とキャラクターの銀色のグラデーションによる表現など、当時の主流だった原色中心とは一線を画す色使いが特徴。

また、自機を操って、敵を撃ち、殲滅する、というゲーム性の存在だけであった当時のシューティングゲームとは一線を画しており、遠藤雅伸によって作りこまれた世界観やストーリーが最前面に出されて、戦う理由やゲーム以外にも楽しむ要素を明確にしたのが最大の特徴である。

またプレイの仕方で難易度が変化(自機の動きに応じて軌道を変える敵キャラクターが現れたり現れなかったり、ある地上物を破壊しないと難易度が上がったりする)したり、隠れキャラクターや隠しコマンドなど、当時では初となる要素も多数持つ。

自機ソルバルウを操り、敵組織「ガンプ」が操るゼビウス軍の敵機や地上兵器を破壊し侵攻していく。

ステージには空中と地上の概念が存在し、空中の敵には対空攻撃武器・ザッパー、地上兵器には対地攻撃武器・ブラスターで攻撃する。

ザッパーは基本的に3連射。ブラスターは画面内の自機の少し前方に照準が表示されており、その照準内の十字の中心に落とすということになっている。

地上物でブラスターにより破壊可能なものがあれば、照準内の十字のそれぞれの端が赤く点滅するので、それにより攻撃できるかどうかが判断できるようになっている。

地上の敵は出現傾向が一定であるため、覚えていれば簡単に対処できるが、空中に出現する敵はプレイヤーの操作内容によって出現パターンが変化する。

これは特定の地上物を破壊することによって、敵の出現テーブルが巻き戻される、という処理によって実現されている。

この仕組みによってゲームプレイに不規則性が与えられていた。

同ジャンル後発のゲームでは、敵の出現パターンが完全に固定されているものが多いため、本作を特徴付ける要素の1つとなっている。

エリアは全部で16種類。

各エリアは8画面分である。

エリア16以降は、エリア7~エリア16のループとなる。

中でもエリア16は難易度が最も高く、これをクリアするほどの実力を身につけることができれば何回もループしてゲームを楽しむことができると言われている。

エリアの途中で敵の攻撃を受けて自機が破壊された場合、そのエリアの7割以上を侵攻していれば次のエリアから、7割未満であれば元のエリアの最初からのスタートとなる。

本作ではこれまでにない「隠しキャラクター」というギミックを入れたことから、ゲーム内容がブラックボックスと化し、隠しキャラクターについて多くの噂やデマが飛び交うことになった。

当時、特に噂として広まったのが「ゼビウス星」で、特定の条件を満たせば隠しキャラ「タランチュラ」が出現し、その後「ゼビウス星」が現れてエンディングになるというもの。

田尻智によって広められ、雑誌にも掲載されるほどだったが、後にこれはデマと判明し田尻は大きく非難を浴びることになる。

本作で最も有名な噂として、「バキュラは256発のザッパーを当てれば壊れる」という噂がある。

「エリア7で地上絵のくちばしの先端にブラスターを連続で落とせば7万点の特別ボーナスが入る」という噂もあった。

しかしこれは、遠藤が、エリア7のスペシャルフラッグゾーンだけは自身が設定したものではなかったために、それを出そうと乱射していたところを見ていたプレイヤーが誤解したためのデマである。

エリア16は大変難易度が高くクリアしにくいことから、「その手前のエリア15の後半部分にはエリア16に遭遇しないためのワープゾーンが存在しており、そこで自機が破壊されるようにしたらエリア16はパスされてエリア17からスタートさせることができる」という噂もあった。

記事の引用元はここをクリック

ゼビウス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ゼビウス(最新無料動画はここをクリック)】