パック&パル(アーケードゲーム◆ナムコ)

【稼働開始日】 1983年7月
【発売元】 ナムコ
【開発元】 ナムコ
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

Arcade1Up ナムコ パックマン・パックマンプラス NAMCO PAC-MAN,PAC-MAN PLUS(日本仕様電源版)

Arcade1Up ナムコ パックマン・パックマンプラス NAMCO PAC-MAN,PAC-MAN PLUS(日本仕様電源版)
44,799 円 (税込)
ポイント10%還元&送料無料!(※沖縄離島除く) 【TV番組で人気沸騰!】お家にゲーセンがやってくる! 子供の頃に見た夢が今叶います! ポップでグラフィカルなアップライト筐体を約3/4サイズでコンパクトに再現。ACアダプター(日本仕様)1つで動作する省電力仕様でお部屋..

PAC MAN・パックマン GAME OVER・Tシャツ・ ゲーム Tシャツ・オフィシャルTシャツ

PAC MAN・パックマン GAME OVER・Tシャツ・ ゲーム Tシャツ・オフィシャルTシャツ
2,750 円 (税込)
レトロゲームの代表、パックマンTシャツ! カラー:ブラック 素材:コットン100%ご注意:実物と色等が多少異なる場合があります。 他サイト及び、店頭販売の為、売り切れる場合があります。予めご了承下さい。 【平均サイズ】(身幅×着丈cm)輸入品の為、下記平均サイズと差..

マスキングテープ セパレート シール パックマン PACMAN レトロ ゲーム マークス

マスキングテープ セパレート シール パックマン PACMAN レトロ ゲーム マークス
946 円 (税込)
サイズ/H47×W47×D23mm重量/10g素材/紙◎1枚ずつめくれるセパレートタイプ◎幅20mm 1巻入◎7デザイン 計160枚入◎PP包装◎日本製パックマンやゴーストなどが1枚ずつ剥がせる、セパレートタイプのマスキングテープです。手帳の予定欄に貼ったり、手紙の封として使ったりと、活躍間..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

1982年にナムコ(現:バンダイナムコエンターテインメント)からアーケードにてリリースされた、縦画面ドットイートアクション。

日本においては初代『パックマン』『スーパーパックマン』に次ぐシリーズ3作目となる作品。

使用コントローラーはレバー+1ボタン。

レバーにてパックマンの四方向移動、スペシャルアイテム効果中にてボタンを押せば攻撃ができる。

基本的なプレイルールは『スーパーパックマン』と同様、フルーツアイテムを全部取得すればステージクリアとなる。

『スーパーパックマン』でいうところのカギの代わりにカードが配置されている。

これを取るとそのカードがめくれ、カードの絵柄と同じアイテムがロックされた特定の扉が開き、中に進入できる仕組みとなっている。

パックマンがアイテムを取っていない、もしくはミルにアイテムを奪われていない状態ではカードは消滅せず画面内に残った状態となる。

めくれるカードは最大3枚で、それ以上のカードに触れても素通りしてしまい、めくる事はできない。

アイテムを取得もしくは奪われた場合にてめくったカードは消滅する。

本作限定の新敵キャラ「ミル」が追加され、過去作の4匹も加え、計5匹の敵が出現するようになった。

ミルは敵キャラではあるが、パックマンが触れても一切ダメージを受けない。

しかし、扉が開いた状態のアイテムを奪い、モンスターの巣の中に持ち帰ってしまう行動を起こす。

アイテムを巣に持ち帰られると二度とそのアイテムは取れないが、その前にパックマンが泥棒状態のミルに触れると奪還した扱いとなりアイテムの効力(スコアなど)が得られる。

前作でいうところのパワーエサやスーパーエサは本作には登場しない。

その代わりに一定時間パックマンが直接攻撃して敵をひるませる効果を得られる「スペシャルアイテム」が存在する。

パックマンシリーズにおいて初めてメインステージBGMが採用された。

敵キャラは表情豊か、トランペットの音符にあたって嬉しそうに踊り出したり、ステージ開始時にウィンクしているミルなど、今までのシリーズでは見られなかったキャラゲーとしてのカジュアルさが表現されている。

ゲームとしてはスーパーパックマンの発展系という作品で、過去作の常連ファンならば安定した楽しみを堪能できる作品といえ、逆にいえばジャンル的にこれといった目新しい新鮮味が薄い作品でもある。

ミルの登場やスペシャルアイテムによる特殊攻撃といった新要素が採用された反面、過去作にあった「パワーエサ」「外壁」の存在や、特定ステージにて拝めたブレイクタイムが省かれてしまっている。

よって、本作を「パックマンの新境地」と評する者もいれば、「パックマンらしさをことごとく廃した」と批判する者もいる。

そういう意味では賛否の分かれる作品かもしれない。

『スーパーパックマン』同様、存在がマイナー気味で知名度が低く、単体の家庭用移植は一切されていない。

記事の引用元はここをクリック

パック&パル(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【パック&パル(最新無料動画はここをクリック)】