マービンズメイズ(アーケードゲーム◆SNK)

【稼働開始日】 1983年
【発売元】 SNK
【開発元】 SNK
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”SNK アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1983年に新日本企画(後のSNK)からリリースされたアーケードゲーム。

ジャンルとしては縦型クオータービューによるドットイートアクションに該当する。

謎の生物であるマービンを操作し、迷路状のフィールドを舞台に敵であるロボノイズ達を避けながらアイテムをすべて回収していくのが目的となる。

1周5面のエンドレスゲーム。

当時のゲームジャンルの主流であったドットイートアクションにあたる本作だが、ドットイートの原点である『パックマン』とはまた違った味付けがされている。

「視線がクオータービュー」「二重フィールド構造」「レーザー(マービンパワー)で敵を倒す」といった要素はなかなか斬新であり、ありがち感から脱却しようとする試みが感じられる。

マービンの容姿は「眼鏡着用・全身が丸っこい一頭身・頭に触覚みたいなのが一本生えてる」というもの。

主人公が丸型生物・敵側が無機質なロボット・ステージ舞台が迷路風フィールドと、可愛いというかシュールというか独特の雰囲気を持っている。

ステージ内には「ドット」と「パワーカプセル」というアイテムが複数放置されている。

これらをすべて取得すればステージクリアとなる。

パワーカプセルを取得するとマービンがマービンパワーを放てる効果が付く。

「敵側が多勢に襲い掛かり、マービン側もそれを一掃できる兵器で太刀打ちできる」という、アクションシューティング的な面白みを持っている。

また、強力なマービンパワーも連射すれば尽きてしまう為、リフトやトリックを最大限に利用する事も生きていく上で非常に重要である。

この辺のバランス調整がなかなか凝っている。

SNKらしい「ミスする時は本当に一瞬で死ねる」という難易度の高さを持っているが、本作ならではの要素も地味に光る意欲作といったところ。

マイナー寄りの作品故なのか長い間は家庭用移殖がされなかった。

しかし、本作リリースから28年越しに初移植がされる事となる。

記事の引用元はここをクリック

マービンズメイズ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【マービンズメイズ(最新無料動画はここをクリック)】