グレートソードマン(アーケードゲーム◆タイトー)

【稼働開始日】 1984年
【発売元】 タイトー
【開発元】 世田企画
【ジャンル】 スポーツゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”タイトー アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1984年にリリースされたタイトーから販売、セタ(当時は世田企画)が製作したアーケードゲーム。

スポーツゲームである。

2方向レバーでプレイヤーの前進と後退を行い、3つのボタンで上攻撃、中攻撃、下攻撃を行う。

設定された本数を先取して相手に勝利することで次のステージに進める。

フェンシングステージのみ、最終的に同点だった場合でも次のステージに進める。

全15ステージでループする。

2人プレイ時は交代で対CPU戦を行うもので、プレイヤー同士の対戦モードはない。

1ステージクリアするごとに「VICTORY SCORE」が加算される。

また各ステージ間にボーナスゲームがあり、放たれる矢を上段、中段、下段のボタンを使い分けて避ける。

なお、卑怯な勝ち方(実際には特定のパターン)をすると、観客がゲームに関係のないものを投げてくる。

記事の引用元はここをクリック

グレートソードマン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【グレートソードマン(最新無料動画はここをクリック)】