スーパーゼビウス(アーケードゲーム◆ナムコ)

【稼働開始日】 1984年
【発売元】 ナムコ
【開発元】 ナムコ
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”スーパーゼビウス” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『ゼビウス』の続編である『スーパーゼビウス』が発売されている。

これはロム交換による販売を前提に作られ、基の『ゼビウス』のプログラムを手直しする形で作られた。

稼動開始から1か月もたたないうちに1,000万点以上のハイスコアを出すプレーヤーが次々と出現したため、「1コインで長時間粘られて設置店に利益が出にくくなることを解消する」などの理由で開発されたと言われているが、遠藤雅伸は一回当たりのプレイ料金の低い日本国外(主にスペイン・イタリア)向けに難易度を劇的に上昇させて販売したバージョンがあり、それを伝聞した日本のヘビーユーザーによる日本国内での発売要望によって製作したと語っている。

内容はほぼ同じながら難易度の大幅な上昇と、「ギャラクシアン」「タンク」「ファントム」「ヘリコプター」「ファルコン」などの各種隠しキャラクターの増加が特徴。

難易度の上昇は非常に激しく、後半面になるとブラグザカートが同時に大量発生し、また隠しキャラクターのいくつかは破壊すると点数がリセットされるという陰険なフィーチャーがあり、当時のファンの怒りを買った。

後に開発者もこの件については「やりすぎだった」とコメントしている。

記事の引用元はここをクリック

スーパーゼビウス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スーパーゼビウス(最新無料動画はここをクリック)】