バギーチャレンジ(アーケードゲーム◆タイトー)

【稼働開始日】 1984年8月
【発売元】 タイトー
【開発元】 タイトー
【ジャンル】 レースゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”タイトー アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1984年(昭和59年)8月にタイトーからリリースされたアーケード式のレースゲーム。

この時代では珍しい疑似3D視点での自由度の高い画面構成はその後の同社『スカイデストロイヤー』のルーツとも言うべきであろう。

デューンバギーを駆り、空に瞬く光点を目印にして障害物や敵車を避けながら荒野を進んでいく。

障害物や敵車と衝突すると自車が炎上する。途中にある川に入っても爆発する。

この際燃料も減ってしまい、それが無くなるとゲームオーバーとなる。

4つのコースが存在し、最終コースを完走するとゲームクリアにて1周エンド。

コースは、荒地・草原・都市・アイスバーンの順に通る。

アイスバーンでは常に滑りやすくなっている。

燃料はポイントゲートやゴールゲートを通ることで回復する。

障害物には種類があり、ゲートや鉄塔、河川、橋の柵、敵車などには爆発、炎上の当たり判定がある。

山状のギャップを定速度以上で越えると、乗り上げ方次第では速度域に応じて片乗りジャンプから一回転ジャンプと言った曲乗りができる。

このジャンプ時に地平線が回転軸方向とは逆に傾き、回転ジャンプ時は一定の角度から自車が回転する。

こうした表現の一部はタイトー制作の『スカイデストロイヤー』へ継承されている。

記事の引用元はここをクリック

バギーチャレンジ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【バギーチャレンジ(最新無料動画はここをクリック)】