忍者ハヤテ(アーケードゲーム◆タイトー)

【稼働開始日】 1984年
【発売元】 タイトー
【開発元】 タイトー
【ジャンル】 その他

[csshop service=”rakuten” keyword=”忍者ハヤテ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1984年にてタイトーからリリースされたレーザーディスクゲーム。

アニメーション製作は東映ビデオが担当。

主人公である忍者ハヤテを操作し、悪の忍者軍団の攻撃を掻い潜りつつ、アジトである城内に潜入し捕らわれの姫を助け出すのが目的となる。

全18幕、1人プレイ専用。

8方向レバーとボタン1つにてハヤテを間接的に操作する。

レバーはハヤテの移動の誘導、ボタンは攻撃を行う場面で使用する。

アニメシーンの要所要所で「ACTION」という表示と共に入力指示の矢印・ボタンのアイコンが表示される。

ボタン入力のタイミングはハヤテの動作(懐に手を入れる、刀に手をかける等)で、移動方向は画面内に発生する光の方向によって予め知る事ができる。

ただし、移動指示の光に関しては後発の『タイムギャル』と異なり、入力指示発生のはるか前のタイミングで発生する箇所も多い。

指示発生からボタン入力までの間隔が短ければ短いほど得られるスコアが高くなり、一定スコアを満たせばエクステンド(1UP)の恩威を受けられる。

本作は全18幕構成だが、ゲーム中で実際に遊べるのは10ステージ分までで、第1幕及び終盤の16.17.18幕は固定となっており、それ以外のステージは残り14ステージの中からランダムで選ばれるようになっている。

忍者が魔の組織から姫様を救い出すという当時のメディアでは割と王道の設定で、単に主人公が悪を倒すというわかりやすいストーリー設定となっている。

親しみやすいハヤテのキャラクター像。

主人公のハヤテは単身で軍団に乗り込む程の凄腕忍者として描かれているが、彼自身は外見が割れ顎で濃い顔立ち、性格面は感情豊かな三枚目忍者というキャラクター性で、一般的な忍者と比べると親しみやすいキャラ像となっている。

ところどころ『ルパン三世』(アニメ版)を意識したと思われるリアクションも散見される。

敵や罠に遭遇すればマヌケ顔で驚いたり、ピンチに陥ると叫びながら敵に背を向けて逃走したり、と、冷静沈着という一面は少なく、数々のピンチをその場しのぎで乗り越えていくお茶目さを披露してくれるところも『ルパン三世』らしさがある。

後発の「タイムギャル」が80年代の日本のギャグアニメのノリを基調としているのと対照的に、ハヤテのギャグ顔やリアクションは、海外LDゲームの有名作「ドラゴンズレア」に代表される、海外カートゥーンアニメ調LDゲームのような滑稽なギャグ演出を意識している節が見られる。

流石に大手アニメ会社が製作に関わっているだけあってアニメの質は良く、各幕のアクションシーンの躍動感が凄い。

純粋なる映像エンターテイメントとして本作を見るならば、普通に完成度の高い部類に入るといってよい。

ゲームとしては所詮はLDゲームであり、暗記してナンボのゲーム性なので、その辺は決して褒められるものではない。

その反面、親しみの沸くハヤテのキャラ像や、スタイリッシュなアクションシーンは非常に秀逸で、ゲームとしてではなく純粋なアニメ作品としてみれば評価の高い一作ではある。

しかし悲しいかな、後にタイトーからリリースされる『タイムギャル』に比べると、本作の知名度は低い。

やはり、野郎忍者よりもエロ可愛いおにゃのこが主役の方が好まれやすいという事なのだろうか・・・・・・。

記事の引用元はここをクリック

忍者ハヤテ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【忍者ハヤテ(最新無料動画はここをクリック)】