フォーメーションZ(アーケードゲーム◆ジャレコ)

【稼働開始日】 1984年9月
【発売元】 ジャレコ
【開発元】 ジャレコ、ヘクト
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”フォーメーションZ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ジャレコより1984年に稼動されたアーケードゲーム。

テレビアニメ『超時空要塞マクロス』(1982年 – 1983年)などのヒット作品の影響で、当時のアニメ業界や玩具市場には一時的な変形ロボットブームが巻き起こっていた。

本作はその流行がゲーム業界に飛び火した作品である。

内容は横スクロールのシューティングゲームである。

自機「イクスペル」は可変戦闘機であり、ロボット形態と飛行形態に変形することが可能。

飛行形態では高速飛行できるが消耗も激しく、エネルギーが0になると地上に落下してしまう。

エネルギー補給は地上に設置されたエネルギータンクと接触することで行う。

攻撃には、速射できる「パルスレーザー」と、一定時間攻撃ボタンを押し続けること(溜め撃ち)で発射できる高威力の「ビッグバン」が用意されている。

ボスキャラなどビッグバンでしか破壊できない敵も存在するため、これら2種の使い分けが重要となる。

なお、この溜め撃ち攻撃のビッグバンは、シューティングゲームにおいて溜め撃ち攻撃を確立したアイレムの『R-TYPE』(1987年)よりも3年早く採用されており、本作はその元祖ともいえる。

地上ステージでエネルギーを貯めて、海のステージでエネルギーを消費する流れが基本。

飛行形態はスピードが速すぎるため操作が難しく、ロボット形態は爽快感に欠ける。

記事の引用元はここをクリック

フォーメーションZ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【フォーメーションZ(最新無料動画はここをクリック)】