NOVA2001(アーケードゲーム◆UPL)

【稼働開始日】 1984年
【発売元】 UPL
【開発元】 UPL
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”LSIゲーム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

横画面全方位STG。

本作以後、ユニバーサルプレイランドはブランド名を「UPL」にしている。

『ロボトロン2084』(Williams)にシステムと演出が似ており、発展形とも言える。

1レバー2ボタン式。

ボタンのひとつはショット発射、もうひとつは自機の方向固定。

純正コンパネではレバー上部にボタンがついている特殊レバーを搭載していた。

しかし多くのお店では、通常のレバーとボタン2つという一般的なコンパネに換装されていた。

ループレバーを使用して、ループレバーの方向で自機の向きをコントロールするというタイプも存在した。

敵は連隊を組んで画面外から出現してくる。

出現位置、出現する敵の種類はステージによって固定。

スクロール式ではあるが、画面の上下左右は繋がっており(僅かながら画面外領域も存在し、フィールド全体が画面内に収まっているわけではない)、スクロールさせて画面端から外に出た敵や得点アイテムは、逆側の画面端から出てくる。

ステージ中に出現する全ての敵を倒すとステージクリア。

また、100面(「0」と表示)をクリアすると、1面に周回し、「SUPER PLAYER !」と画面上部に表示される。

シンプルな操作性とゲームシステムながらも、プレイヤーの戦略性を問うステージデザイン。

癖の強い独自のゲーム性を持っているのだが、いかんせん見た目が地味。

演出も細かいのだが派手さが無く、印象は薄い。

「敵も味方もぜんぶ金属っぽい灰色」というアートコンセプトも、地味な印象に繋がってしまっていることは否定できない。

『ロボトロン2084』のアイデアをアレンジ、発展させたゲームで、同じ親を持つモノとして『Smash T.V.』がいる。

あちらが『ロボトロン2084』のアクションゲームとしての性質を強化したものなのに対し、こちらはシューティングゲームとしての性質を強くしたようなものである。

故にスピード感と戦略性はこちらのほうが強いような印象がある。

本作は後に同社によって、リメイク的作品『アークエリア』へと生まれ変わる事になる。

記事の引用元はここをクリック

NOVA2001(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【NOVA2001(最新無料動画はここをクリック)】