スーパーデッドヒート(アーケードゲーム◆タイトー)

【稼働開始日】 1985年
【発売元】 タイトー
【開発元】 タイトー、スペースクリエイティブ
【ジャンル】 レースゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”タイトー アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

タイトーが1985年に発売した業務用のレースゲーム。

本作は、田の字に並べた4枚の画面を真上から見下ろす形で楽しむ、スクロールしない固定画面のレースゲームである。

筐体はテーブルの天板に画面が嵌め込まれた特殊な構造で、1人から4人まで同時プレイ可能。

4人プレイの場合は2人ずつが互いに向かい合って遊ぶ仕組みになっている。

まず第一に「4人同時プレイが面白い」。

コースレイアウトの3/4は毎回自分以外にも他のプレイヤーが決めているため、毎回違ったコースが現れるので多彩なレイアウトを楽しめる。

この部分はタイトーのみならずゲーセン側もセールスポイントにしていたらしく、コースレイアウトの選択画面が他のプレイヤーに見えないように、取り外し可能な段ボール製のついたてを用意するゲーセンもあった。

コースのグラフィックは1985年当時にしては美しく、コース自体も様々なロケーションが用意されている。

レース中は効果音しか流れないが、クリア時などのBGMは『奇々怪界』や『ダライアス』で知られるOGRこと小倉久佳氏が担当。

曲調が熱いレースの本作にマッチしており、本作をプレイしてなくてもエキサイトできる。

コンピュータゲーム黎明期ならではの「画面が4枚」「コースが変幻自在」といったアイディアが凄まじいレースゲーム。

筐体の構造が特殊なため今となってはプレイ困難だが、見かけたら4人でワイワイ遊んで欲しいものである。

記事の引用元はここをクリック

スーパーデッドヒート(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スーパーデッドヒート(最新無料動画はここをクリック)】