ゲットスター(アーケードゲーム◆タイトー)

【稼働開始日】 1986年3月
【発売元】 タイトー
【開発元】 東亜プラン
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”タイトー アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1986年に販売をタイトー、製作を東亜プランがそれぞれ担当したアーケード用横スクロールアクションゲーム。

シューティングが中心の東亜プランとしては珍しいジャンルにあたる。

内容はパンチとキックを使いわけて進むという、『スパルタンX』のようなもの。

パワーアップ要素が含まれているが、実際にパワーアップできるのはパンチだけである。

8方向レバーと2(パンチ、キック)ボタンで主人公のロボット「ゲットスター」を操作する。

ステージは、夜の惑星、氷の惑星、森の惑星、砂の惑星、未来の惑星、敵基地の全6ステージで構成され、各ステージの最後には巨大なボスが存在する。

各ボスは独特の弱点があり、それを見抜くことが攻略のポイントである。

1匹10,000点という高得点のキャラクターも隠されている。

時折地面から出現するレッドバルーンを集めるとパンチ力が上昇する。

記事の引用元はここをクリック

ゲットスター(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ゲットスター(最新無料動画はここをクリック)】