スクランブルフォーメーション(アーケードゲーム◆タイトー)

【稼働開始日】 1986年4月
【発売元】 タイトー
【開発元】 タイトー
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”タイトー アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

タイトーから1986年にリリースされ稼動開始したアーケードゲームである。

縦スクロール型のシューティングゲームである。自機のスピードが遅いため難易度は高め。

スタート地点の永田町(国会議事堂)を始め、国立代々木競技場や取り壊し前の後楽園球場、赤坂、銀座、西新宿などの市街地が再現されている。

8方向ジョイスティック、2ボタン(攻撃、チェンジ)で自機「バイプレーン」を操作する。

敵や敵弾に自機が当たるとミスとなり、自機が全て無くなるとゲームオーバー。

敵の出現パターンなどが完全に固定されたループゲーム。

赤い空中敵(もしくは、特定の空中敵)を倒すと僚機「ミニプレーン」が登場し、それを取ると列機として自機の編隊に加わり、共に敵を攻撃する(最高4機まで)。

また、赤い地上敵を破壊すると、その時点で仲間機が4機増える(取る必要無し)。

仲間機が2機以上になると以下のフォーメーションをチェンジボタンを押すたびに順番に選択できるようになる。

国会議事堂→赤坂→後楽園球場→代々木→新宿→国会議事堂→銀座→赤坂→新宿→代々木(→遊園地)の順に東京上空を飛行し、各ランドマークの合間は雲海で区切られている。

かつてアーケード基板ではバブルボブルにソフト変更できるROM-KITが販売されていた。

記事の引用元はここをクリック

スクランブルフォーメーション(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スクランブルフォーメーション(最新無料動画はここをクリック)】