トップシークレット(アーケードゲーム◆カプコン)

【稼働開始日】 1987年3月
【発売元】 カプコン
【開発元】 カプコン
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

【エントリーでポイント10倍!(3月28日01:59まで!)】【中古】PS2ソフト カプコン クラシックス コレクション [ベスト版]

【エントリーでポイント10倍!(3月28日01:59まで!)】【中古】PS2ソフト カプコン クラシックス コレクション [ベスト版]
2,260 円 (税込)
評価 3.5
発売日 2007/10/11 メーカー カプコン 型番 SLPM-66852 JAN 4976219023085 関連商品はこちらから カプコン 

【中古】 カプコン クラシックス コレクション /PS2 【中古】afb

【中古】 カプコン クラシックス コレクション /PS2 【中古】afb
2,728 円 (税込)
評価 5
PS2販売会社/発売会社:カプコン発売年月日:2006/03/02JAN:4976219654739機種:PS2

【中古】 カプコン クラシックス コレクション Best Price /PSP 【中古】afb

【中古】 カプコン クラシックス コレクション Best Price /PSP 【中古】afb
2,178 円 (税込)
評価 3.6
PSP販売会社/発売会社:カプコン発売年月日:2007/09/13JAN:4976219023115機種:PSP「カプコン クラシックス コレクション」がお求めやすくなって再登場!豪華19タイトルがPSPに集結!!ソフトを持ってなくてもゲームが楽しめる「ゲームシェアリング対応」、通信対戦がで..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

1987年にてカプコンからアーケードにリリースされた横スクロールアクションゲーム。

かつての『戦場の狼』にも出演していたスーパージョーを操り、銃器とワイヤーを駆使して敵基地に乗り込むというストーリー設定。

全5ステージ構成の二周END。

一般的なアクションゲームと同様に「特定地点までジョーを進ませる」というのが大方の目的となる。

ステージによってはボスがおらず地点まで進めばクリアとなる場合と、ボス的な存在がおりそいつを倒せばクリアとなる場合がある。

本作は一般的なアクションゲームに比べると、上方向に地形が配置されている局面が大幅に多く、ワイヤー操作を使いこなすテクニックを前提とした内容になっている。

時折画面上からパラシュートの付いたアイテムボックスが出現し、それをショットかワイヤーで破壊するとアイテムが出現する。

アイテムの種類は「スコアアップ系」と「ショット性能強化系」の2つがある。

ACとしてはかなり珍しいと思われるラバーリングアクションを採用した作品である。

本作の製作者はかつてコナミからリリースした、ラバーリングアクションであった『ロックンロープ』というゲームに関わっていた経歴があり、本作はロックンロープの基板スペックではできなかった要素を取り入れたという経緯があるとの事。

ラバーリングアクションは後の『海腹川背シリーズ』などにも採用されているのは一部有名な話。

本作はそれらに多少の影響を与えた存在なのかもしれない。

グラフィックやBGMに関する評価は高い。

「軍事的な兵士や兵器が多く配置された緊張感溢れる戦争らしさと、それでいてどことないコミカルさも併せ持つ」世界観の描写は優秀で、グラフィックの書き込みも繊細である。

ややポップ調でありながらも世界観とぴったりマッチしたBGMの数々も上質でゲームを盛り上げてくれる。

小回りの効きにくい操作性故に難易度は相当高い部類。

まず、何といっても自力でのジャンプができないのが厄介である。

他のアクションゲームではジャンプ一つで済みそうな動作でも、このゲームではそれができない為、「何て事はない雑魚敵の攻撃や、数ドット程度の地形の差の前でも死の危険性を伴う」というのが当たり前な状況。

ワイヤーを行うにも隙が大きく、「単に地形にワイヤーを引っ掛ければどうにでもなる」感覚での操作は自殺行為となる。

ワイヤー関係以外でも、「ジョーの移動がやけに鈍足で、ショットを前方以外の方向に撃てない」という性能も難易度の高さに拍車をかけている。

例えワイヤーを使わない場所でも「敵の物量攻撃に押されてミス」という状況もあり得るのが怖い。

ワイヤーを使ったアクション性は意欲的で面白いのだが、いかんせん難易度が高すぎてはっきりと好みが分かれる作品。

マイナー寄りなゲームな割に、家庭用によるアレンジ移殖が2回もなされた稀な存在でもある。

各アレンジ移殖は本作の難易度を大幅に調整し、その評価は本作以上に高い。

記事の引用元はここをクリック

トップシークレット(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【トップシークレット(最新無料動画はここをクリック)】