A-JAX(アーケードゲーム◆コナミ)

【稼働開始日】 1987年4月26日
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【ジャンル】 シューティングゲーム

YouTube responded with an error: Access Not Configured. YouTube Data API has not been used in project 774792298593 before or it is disabled. Enable it by visiting https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/overview?project=774792298593 then retry. If you enabled this API recently, wait a few minutes for the action to propagate to our systems and retry.

[csshop service=”rakuten” keyword=”コナミ アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1987年にコナミ(現・コナミアミューズメント)から発売された縦画面シューティングゲームである。

2D縦スクロールステージと3Dステージの2種類のステージで構成され、2Dステージでは超音速ヘリ「VW-80 トム・タイガー」(モデルはAH-64)、3Dステージはジェット戦闘機「ジェリー・マウス」(モデルはF-14)の2機(2機の名前を合わせると「トムとジェリー」となる)に乗り込み、敵を破壊していく。

3Dステージをはじめ、回転・拡大・縮小機能を駆使した派手な演出が特徴だった。

音声面ではサンプリングによる派手な爆発音や、BGMではオーケストラ・ヒットやパーカッション系のリズムサウンドが多用された。

発売前に業者向けのショーで展示された際は、コクピットタイプ・ボディソニック仕様の専用筐体だった。

操作系は可動式の操縦桿+2ボタン(空中攻撃、地上攻撃)で、スーパーウェポンの発射ボタンが操縦桿に取り付けられていた。

また操縦桿はスーパーウェポンを発射した際や自機が打ち落とされた際に振動する作りになっていた。

音楽は古川もとあきが担当している。

タイトーの『究極タイガー』がヒットしたのを受け、コナミでも自機が戦闘ヘリの縦スクロールシューティングを作る命題が上がった。

それとは別に、セガの『アフターバーナー』のような、自機が戦闘機の3Dシューティングも別ラインで開発が進められた。

しかし、どちらも開発途中でアイデアが詰まってしまい、ステージのバリエーションを増やすことができなくなった。

苦肉の策として『この2つのゲームを合体させて一つのゲームにしてしまう』という案が断行された。

結果的に3Dシューティングが戦闘ヘリのシューティングに吸収されて没になるという形になった。

記事の引用元はここをクリック

A-JAX(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【A-JAX(最新無料動画はここをクリック)】