妖怪道中記(アーケードゲーム◆ナムコ)

【稼働開始日】 1987年4月
【発売元】 ナムコ
【開発元】 ナムコ、ナウプロダクション
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

【エントリーでポイント10倍!(4月16日01:59まで!)】【中古】ファミコンソフト 妖怪道中記 (箱説あり)

【エントリーでポイント10倍!(4月16日01:59まで!)】【中古】ファミコンソフト 妖怪道中記 (箱説あり)
1,980 円 (税込)
発売日 1988/06/24 メーカー ナムコ 型番 - JAN 4907892000421 関連商品はこちらから 妖怪道中記  ナムコ 

【中古】FC 妖怪道中記 ソフトのみ ファミコン ソフト

【中古】FC 妖怪道中記 ソフトのみ ファミコン ソフト
1,080 円 (税込)
1ヶ月保証対象 状態:中古 ソフトのみ 状態:動作確認済みです。経年劣化、ヤケ、スレ、使用感、汚れ等ございます。 ※商品画像はサンプルです タイトル:妖怪道中記 メーカー:ナムコ namcot 対応機種:ファミリーコンピュータ FC ファミコン レトロ ゲームソフト Nintendo ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

イタズラの罰を受けて地獄の入り口に連れてこられた少年たろすけを操作し、閻魔さまの裁きを受けるべく地獄巡りを行うアクションゲーム。

道中の様々な行動によりエンディングが分岐するマルチエンディングの採用や、画面の半分を占めるメーター類や、地獄巡りという独特の設定がもたらす絵巻風の雰囲気、おどろおどろしいながらもナムコらしいポップさも兼ね備えたキャラクターデザイン、前年発表した『イシターの復活』と同様にスコア排除がなされているなど意欲的な試みが盛り込まれた。

しかし、それらの斬新な要素の一方で、過剰なまでの高難度による万人向けとは言い難いゲームバランスが問題となった。

8方向レバー+2ボタン(気合弾、ジャンプ)で操作する。

レバーを下方向に入れると、気合弾を強化する「タメ」ができる。

充分に溜めると貫通性能がつき、威力もグンと高くなる。

ただし、溜めすぎるとたろすけが息切れして硬直してしまう。

全5ステージの道中を進んでゆく。

基本的には左から右にスクロールして進んでいくが、右から左にスクロールする箇所もあり、縦に上り下りする場所もある。

地獄の沙汰も銭しだい、ということで「お金」の概念が存在する。

集めることにより道中で開いているお店で買い物ができ、パワーアップできる。

1面と2面のボス戦に限り、ご先祖様である「もんもたろー」を呼び出して戦うことになる。

ナムコの最新基板「システムI」のお披露目として選ばれたタイトルだけあり、グラフィックは素晴らしい。

1987年のゲームながら、決して今と比べても見劣りしない。

主人公のたろすけは実に多彩な表情・アクションを見せる。

中でもニヤニヤと笑うスケベ顔は大変印象深く、それでいて憎めない。

敵にぶつかれば「いてっ!」、ご先祖様を祭壇で呼び出す時は「たすけて~!」と、当時のゲームとしてはボイスも豊富。

ちなみに彼のモデルは、当時ナムコに所属していた開発者の一人らしい。

恐ろしさ、グロさを兼ね備えながら、どこか愛嬌も見せる敵キャラ達。

ドロドロとした内容を扱っておきながら、生理的嫌悪感をあまり感じさせないデザインセンスは見事。

アクションも非常に滑らかで、キャラの多さにもかかわらずヌルヌルイキイキと画面を動き回る。

「動かすことが楽しい」と感じさせるだけのポテンシャルは充分に持っていた。

厳しい道中を経て最後に待ち受ける、あまりにも厳しいベストエンディングの条件。

このゲームはマルチエンディングとなっており、最後の「輪廻界」にてたろすけがとった行いにより、内容が変化する。

最上級のエンディングである「天界」は、一切の金を取らない&敵を一匹も殺さないようにしないと到達できない。

EDは全5種類。

下から順に「地獄界」「餓鬼界」「畜生界」「人間界」そして最上位の「天界」。

名作となりうるポテンシャルは十二分に備えていた。

しかし、アーケードゲームとして見ても理不尽に過ぎる数々の意地悪な仕様を散りばめた、まさに地獄の如き難易度の高さのせいで作品の魅力を半減させてしまった。

後にPCEやFCなど様々な機種に難易度を下げて移植されているが、AC版の時点でもっと気軽に楽しめる調整を行って欲しかった。

そう思わざるを得ない、とても惜しい作品であった。

AC版のベストエンディングである天界エンドの内容についてだが、たろすけ本人は天界の泉で美人で裸の天女に囲まれて大喜びしているが、見方を変えれば成仏できたとはいえ、子供の内に無理やり人生を終わらせられてしまったとも言える。

人間界EDで登場する両親と思しき残された人たちのことなどを考えると、「本当に良い終わり方なのだろうか?」と考えさせられる、毒を含んだ内容になっている。

記事の引用元はここをクリック

妖怪道中記(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【妖怪道中記(最新無料動画はここをクリック)】