銀河任侠伝(アーケードゲーム◆ジャレコ)

【稼働開始日】 1987年7月
【発売元】 ジャレコ
【開発元】 ジャレコ
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

▼【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト ジャレコ じゃじゃ丸忍法帳アクションゲーム ファミリーコンピュータカセット 動作確..

▼【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト ジャレコ じゃじゃ丸忍法帳アクションゲーム ファミリーコンピュータカセット 動作確..
500 円 (税込)
   その他のゲームソフトを50音順で検索!                    ■□■□ギフト注意書きページはこちら□■□■ 商 品 紹 介 商品名 じゃじゃ丸忍法帳 商品概要 - ジャンル アクション 対応機種 ファミリーコンピュータ 商品状態 中古 ..

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト ジャレコ ザ・ロード・オブ・キングアクションゲーム ファミリーコンピュータカセッ..

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト ジャレコ ザ・ロード・オブ・キングアクションゲーム ファミリーコンピュータカセッ..
1,672 円 (税込)
   その他のゲームソフトを50音順で検索!                    ■□■□ギフト注意書きページはこちら□■□■ 商 品 紹 介 商品名 ザ・ロード・オブ・キング 商品概要 - ジャンル アクション 対応機種 ファミリーコンピュータ 商品状..

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト ジャレコ シティコネクションアクションゲーム ファミリーコンピュータカセット 動作..

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト ジャレコ シティコネクションアクションゲーム ファミリーコンピュータカセット 動作..
1,780 円 (税込)
   その他のゲームソフトを50音順で検索!                    ■□■□ギフト注意書きページはこちら□■□■ 商 品 紹 介 商品名 シティコネクション 商品概要 - ジャンル アクション 対応機種 ファミリーコンピュータ 商品状態 中古..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

任侠である主人公ヤッちゃんがさらわれた銀河組組長兼恋人のクリスちゃんを助ける為に、敵である「コブラ軍団」を倒し、彼女を助けるのが目的というストーリー。

あくまでも映画の撮影舞台と言う設定であり、ステージの上方に行くとライトがあったりする。

またステージクリア時にカットインが入ったり中盤に突然ボイス入りでジャレコのロゴが表示されたりと、舞台設定を意識した演出が施されている。

設定や演出面、ゲーム性の面ではありふれているが、登場キャラクターの方面で著作権的にやばい代物となっていたことが大きな話題となった。

奇数ステージはアクションパート、偶数ステージはシューティングパートに分けられている。

攻撃方法は最初はパンチだが(義、理、人、情)の漢字(アイテム扱い)を取ることで「ドス」→「長ドス」へとパワーアップしていく。

ダメージを受けると一段階パワーダウン。

ゲーム性自体は普通なのだが、背景キャラや雑魚キャラがアニメやら映画やら、ほぼ、どこかで見た事のあるようなキャラのみで構成されているといっても過言では無く、著作権の無法地帯といえるカオスさを醸し出している。

ざっと一例を挙げると、ジャイアントロボやら、北斗の拳のケン○ロ○やら、巨人の星の花○やら、13日の金曜日のジェ○ソ○やら…

有名キャラがメディアを超えて大集結している。

中には○内貫○郎みたいな少々誰得なキャラまで居るが。

デモ画面にて、そっくりさんリストが一括表示されている。

何気にネーミングが微妙にパチモノになっているあたりが確信犯的。

エンディングクレジットでは元ネタの著作権元のリストが表示されるがCopyrightならぬ「EXCUSE」と言うお詫び表記。

本作は副題として「二代目はクリスちゃん」と言うものもあるが、これも映画『二代目はクリスチャン』のパロディである。

当時のアクションゲーとしては難易度が比較的易しめで、子供には親しみやすかったが腕の立つゲーマーの腹は満たせなかった。

ジャレコのゲームは荒すぎるものも多かったが今作は結構出来は安定してる。

何かと一部のアーケードゲーマーに知られてるように、いろいろとパクリが多くカオスな特徴を持つ今作だが、それを除けは割りとどこにでもあるアクションゲーである。

パクリがなけれは歴史の彼方に忘れられていただろう。

ゲームの出来はそこそこなので一度はプレイしても損は無いだろうが、著作権的にやばすぎる代物なので家庭用や続編は望むことが自体が無理というものである。

出たとしてもキャラが変えられてしまうと思われるのでプレイ経験者は思い出の一部に、未プレイの人はこんなゲームがあったんだ程度に留めているのが一番かもしれない。

今でこそ漫画・アニメ・ゲームはメディアミックス展開により相互関係が深くなったことでひとくくりで語られる場合が多いが、当時のゲームファンには全くの別物と認識されており、こういったゲームは画期的で、むしろ好意的に受け止められていた。

その背景には当時のアニメ作品の中で、例えば「モブシーンの中に別のアニメのキャラがこっそりと描かれている」など、アニメーターの”遊び”や”ファンサービス”が、よく見られていたことにある。

このゲームは、そういった当時のアニメファンが見ていた当時の背景や空気が取り入れられているのだ。

また、年代的に当時の企業一般に著作権の概念が確立・浸透していなかった、ある意味大らかな時代でもあり(もちろん、それ自体は免罪符にはなりえないものの)単純にパクリゲー呼ばわりするのは見当違いである。

キャラのパクリがかなり目立つがそれ以外が地味なのでこれがなけれは一部のファンはできなかったとも言われ、ある意味最高の評価点とも言われる。

当たり前だが、家庭用移植や続編の類は一切存在しない。

今のご時世こんなゲームをリリースしようものなら即効で裁判沙汰なのは間違いないであろう。

記事の引用元はここをクリック

銀河任侠伝(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【銀河任侠伝(最新無料動画はここをクリック)】