スケバン雀士竜子(アーケードゲーム◆セガ)

【稼働開始日】 1988年
【発売元】 セガ
【開発元】 ホワイトボード
【ジャンル】 麻雀ゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”セガ アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1988年にホワイトボードが開発、セガ(後のセガ・インタラクティブ)からアーケードゲームとして発売された、脱衣麻雀ゲーム。

サントス/ホワイトボードが開発したアーケードゲーム向けの麻雀ゲームでもあり、『脱子ちゃん雀荘』と『フォト麻雀』に続くセガの最後の脱衣麻雀ゲームである。

ゲームタイトルおよびストーリーは、当時人気のテレビドラマであった『スケバン刑事』シリーズを模しており、暗闇指令の演出、敵対組織「雀狼会」(『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』の敵対組織は「青狼会」)、暗刻三姉妹(キャラクターの下の名前は『スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇』の風間三姉妹と同じ読み)などに類似性が見られる。

キャラクターデザインには、『銀河任侠伝』(ジャレコ)と『メルヘンメイズ』(ナムコ)、サントス/ホワイトボードの後発である『麻雀クエスト』などで知られるANO清水が手がけている。

初心者向けに捨て牌や副露をアドバイスしてくれる「アドバイスモード」を搭載されている上、強力なイカサマ技で1クレジットでもクリア可能な難易度に仕上がっている。

また自分が上がる他に相手に上がられても自分が脱ぐというサービス旺盛なゲームでもあった。

エンディングは意外な内容になっている。

二人打ち、東南回し、アリアリ、裏ドラあり、槓ドラあり、槓ウラあり。

プレイヤーと相手が18枚ずつ牌を捨てると流局。

ノーテン罰符あり(1,500点)。

イカサマ技あり、アドバイスモードあり(有無はゲーム開始時に選択)。

チョンボはガードされるため無し。

記事の引用元はここをクリック

スケバン雀士竜子(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スケバン雀士竜子(最新無料動画はここをクリック)】