獣王記(アーケードゲーム◆セガ)

【稼働開始日】 1988年6月
【発売元】 セガ
【開発元】 セガ
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”獣王記” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

セガが発売した強制スクロール、獣人に変身といった要素が特徴の横スクロールアクション。

ゲームとしての評価は凡作レベルだが、多数の移植もあってか知名度はそれなりに高い。

操作はレバー+3ボタン。

特定の敵(点滅する白いラスケルトウルフ)を倒した際に出現する「スピリットボール」を獲得するとプレイヤーキャラクターがパワーアップする。

一段階目では服が破れて筋肉が大きくなり、攻撃にエフェクトが付いて攻撃力が上昇。

二段階目ではさらにマッチョになり、体も大きくなる。

そして三段階目になると演出と共に獣人に変身。

特殊攻撃が可能となり、圧倒的な強さを得る。

次々襲ってくる敵を倒しながらステージ奥のボスを倒すことが目的となる。

全5面。

獣人への変身はステージごとに異なり、それぞれで特殊能力も異なる多彩さ。

獣人化すると遠距離攻撃が出来たり、高速で移動しながら攻撃したりと圧倒的な強さを得られ、爽快感がある。

パワーアップの際には文字通り「POWER UP!」というボイスが鳴り、非常に耳に残る。

変身シーンでは主人公の顔がアップとなり、獣人に変身する姿が描かれる。これも印象的。

基本的に凛々しい姿の多い獣人だが、ステージ3の「ウェアベア(熊)」はテディベアのような見た目でむしろかわいい。

インパクトの強い変身シーンをはじめとする演出からネタにされやすい一作。

豪快でバカっぽい第一印象に反して、反復練習と慎重な立ち回りが要求されるストレスが溜まりやすい作品である。

しかし人間状態のじれったい弱さと、一転して獣人状態の圧倒的な強さとのギャップが良いメリハリになっており、その独特の爽快感に魅せられた人も少なくない。

移植が多く、今でも入手しやすいタイトルなので、気が向いたら遊んでみるのもよいだろう。

記事の引用元はここをクリック

獣王記(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【獣王記(最新無料動画はここをクリック)】