未来忍者(アーケードゲーム◆ナムコ)

【稼働開始日】 1988年
【発売元】 ナムコ
【開発元】 ナムコ
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ナムコ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1988年にオリジナルビデオで発売された特撮時代劇作品。

および、同年にナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)が発売したアーケード用アクションゲーム。

システム IIを使って高速スクロールし回転拡大縮小機能による多関節キャラクター(複数のスプライトを重ね合わせることで一つのキャラクターを表現する映像表現・同社では『源平討魔伝』や『超絶倫人ベラボーマン』などが有名)も随所に出るなど、システム IIの特長を生かしたゲーム構成と、忍者とサイボーグなど近未来サイバーパンク的世界観を融合させた設定をもつゲームである。

同時期(1980年代後半)までには忍者をモチーフとしたゲーム作品も多く複数のメーカーからリリースされており、中には『ニンジャウォーリアーズ』(タイトー・1987年)などのサイバーパンク的設定と忍者を組み合わせた作品もみられ、その意味では本作品もそう目新しい設定でもなかった。

ただ、世界観全体が架空の「近未来でありながら日本の戦国時代的要素を多分に盛り込んだ世界」であり、その意味では日本美術を意識した映像が独特であった。

基本的に横任意スクロールだが、ジャンプやエレベーターである程度上下にもスクロールし、プレーヤーは高速で移動することができる機忍「白怒火」を操作するため、機敏な操作を必要とする。基本武器は連射可能な手裏剣と接近戦用の刀で、敵の攻撃を受けたり接触するとライフ制でダメージを受け、ライフがなくなるとゲームオーバーになる。

所定の場所にアイテムとして珠があり、これを取ることでパワーアップしたり体力回復、あるいは一定時間無敵や敵全滅など、所定の効果が現れる。

記事の引用元はここをクリック

未来忍者(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【未来忍者(最新無料動画はここをクリック)】