超絶倫人ベラボーマン(アーケードゲーム◆ナムコ)

【稼働開始日】 1988年5月20日
【発売元】 ナムコ
【開発元】 ナムコ
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

【中古】PCエンジンHuカードソフト 超絶倫人ベラボーマン

【中古】PCエンジンHuカードソフト 超絶倫人ベラボーマン
3,640 円 (税込)
評価 3
発売日 1990/07/13 メーカー ナムコ 型番 NC90005 JAN 4907892031142 備考 業務用からの移植のコミカルアクションゲーム!正義の味方・ベラボーマンとなり、世界征服を企む悪の天才科学者爆田博士率いる悪の軍団と戦おう! 関連商品はこちらから 超絶倫人ベラボーマン  ナム..

【PCE Huカード】 超絶倫人ベラボーマン(ソフトのみ)【中古】

【PCE Huカード】 超絶倫人ベラボーマン(ソフトのみ)【中古】
2,980 円 (税込)
ソフトのみの商品(中古品)になります。 端子クリーニング・初期動作確認済みです。 商品の方は、少々使用感等がございます。 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

1986年にリリースされた純和風アクションゲームの傑作『源平討魔伝』の制作チーム『源平プロ』が再結集して手がけた横スクロールアクションゲーム。

蘇った平家の亡者・景清が源氏の大将・源頼朝を討ち取るため、魑魅魍魎の跋扈する日本を戦いながら突き進むというダークな設定だった前作と180度変わり、昭和の高度経済成長期の日本を舞台にしたノスタルジックな世界観の中、アルファ遊星からやってきた謎の宇宙人から「銀の力」と超変身物質(へらとボー)と共に御近所と地球の平和を守る使命を与えられた主人公のサラリーマン・中村等が、正義の味方・超絶倫人ベラボーマンとなって悪の科学者・爆田(ばくだ)博士の野望を打ち砕くために戦う特撮コメディタッチの物語となっている。

システム自体はオーソドックスな横スクロールアクション。

ステージ総数32面。

中にはボス戦のみのステージやアイテムのみのボーナスステージもある。

ステージは全部で3種類。

町内、海底、忍者屋敷の3つの世界を、爆田博士が発明した物質転送装置によってたらい回しにされながら突き進み、ステージ最後にいるボスを倒して進んでゆく。

海底ステージでは水中形態「シーベラボー」に変身しミサイルと爆雷を武器に進む横スクロールシューティングとなる。

2D横スクロールアクションゲームとしては極めてオーソドックスであり、キャラのサイズがでかくなったり、トップビューの迷路を進んだりと変化に富んでいた『源平~』と比べると、単調な印象は否めない。

それでありながら本作を独特な作品として印象付けている大きな要因が、「主人公の攻撃手段が『伸縮自在の体によるパンチとキックと頭突き』」という設定と、それをシステム上でうまく表現するべく開発された独自コンパネ「タッチレスポンススイッチ」である。

ボタンを叩く強弱により、攻撃のリーチとジャンプの高度が大中小の三段階に変化するというもの。

ベラボースイッチの独特な操作性によりキャラクターとの一体感が強く気持ちいい。

操作系統が変更された移植作ではなかなか味わえない感覚である。

60~70年代の高度経済成長期の日本・埼玉の新田駅付近を舞台にした昔懐かしい特撮ヒーローコメディをオマージュした世界観と、それを彩るナムコならではの魅力に溢れた、多彩かつ珍妙で濃いキャラクターたち。

どのキャラも豊富なアニメパターンでよく動き、そしてよく喋るのでとても賑やか。(プロの声優を起用しているので棒読みもなし)

主人公のベラボーマンは攻撃ボタンを連打する度に「ベラボーベラボーベラボー!」と、うっとうしい位に叫びまくってくれる。

忍者屋敷の中ボスで本作品で特に高い人気を誇る紅一点敵キャラ・わや姫の動きとそのテンションは、もはや異常と言っていいほどエキセントリック。

手裏剣を投げる際のセリフ「いくわよ!」が 「ちくわよ!」 に聞こえる(更に投げてくる棒手裏剣が竹輪に見える)という空耳ネタもリアルタイムでプレイした世代にとってはお約束(笑)

その他にも、中村に変身物質を授けた下半身がUFO型の宇宙人・α遊星人、主人公中村の勤める保険会社の商売敵ミロ保険のベテランセールスマン・妙島扮するライバル・ブラックベラボー、頭のちょんまげがミサイル砲になっていて、降参して土下座する振りをして騙し討ちしようとするピストル大名、歴史上の偉人の脳を自らに移植し、頭部以外の全身をサイボーグ化した上に髪型が核爆発のきのこ雲という典型的なデザインのマッドサイエンティストながらランジェリー研究家という意外な一面を持つラスボス・爆田博士など、ビジュアル面でのインパクトもさることながらやたら細かく設定の作りこまれた濃いキャラクターたちが目白押しである。

源平討魔伝における障害物である要石と鉄球がそのまま登場したり、「だじゃれの国」を意識してか、あちこちにダジャレメッセージやスタッフのお遊びメッセージが散りばめられているなど、作り手側の遊び心が随所に盛り込まれているのも見逃せない。

ボタンの強弱で攻撃の強弱を判定するという仕様もすでに先行作品が存在(仕組みは異なるが)し、2D横スクロールアクションゲームとしても極めてオーソドックスなつくりであるため、ゲーム性自体にはさほど目新しい点は見あたらない。

ゲーム性だけを見れば平凡な出来でありアーケードゲームとしてはプレイ時間が長くて冗長という欠点もあるが、それを補って余りある個性豊か過ぎるユニークなキャラクターや、明るく大らかな雰囲気に満ちた特撮コメディならではの世界観、そしてベラボースイッチによってもたらされるキャラクターとの一体感と「触れて楽しい」という感覚を存分に味わえる点が、本作最大の魅力と言えよう。

独自仕様のコンパネの宿命上、コンパネも含めた家庭用への完全忠実移植が限りなく不可能なことがなんとも惜しまれる点である。

記事の引用元はここをクリック

超絶倫人ベラボーマン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【超絶倫人ベラボーマン(最新無料動画はここをクリック)】