アトミックロボキッド(アーケードゲーム◆UPL)

【稼働開始日】 1988年
【発売元】 UPL
【開発元】 UPL
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”アトミックロボキッド” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ブリキのおもちゃのような質感で、象のような造形のロボットが自機の横STG。

隠しキャラクターとして『忍者くん 阿修羅の章』『ミュータントナイト』『アークエリア』と効果音、キャラクターが流用されているが、世界観がつながっているような事はない。

1レバー2ボタン式。

見た目に反して即死制。

特定の敵を倒すとアイテムが出現。

アイテムはショットを当てることで性質がランダムに変化する。

ショットアイテムは4種類。

もう一つのボタンで使用するアイテムを切り替えることができる。

ロボは足があるため、地面に接触すると歩行移動になる。

ステージ中に隠された扉に触れる事で次のステージにうつる。

扉は一つとは限らず、触れた扉によってステージが変化する。

特定のエリアに到達すると敵との一騎討ちステージが挟まれる。

無機質で不気味ながらもかなりの描きこみのグラフィック、印象深いサウンドはさすがのUPLクオリティ。

割合制限時間が短いゲームながらも、望みのアイテムを入手するためには時間をかけなければならず、大きなデメリットのある残機購入システムが上手い具合に生きてくる絶妙なバランス。

ゲーム全体の難易度も自機が大きめでやや癖が強くはあるものの、それほど難しいわけではない。

4種類のショットアイテムもそれぞれ一長一短で、展開に応じて使い分けを要求される。

おそらく、STGとしてはかなりの際物に分類される癖の強いゲームである。

それはシステム、世界観のみならず、愛嬌があるもののどこか不気味で感情のない目をしている自機のロボにも言える。

本作固有のゲーム性、というより似たようなもののないゲーム性がUPLゲーの特色であるが、本作はその典型例と言えるだろう。

記事の引用元はここをクリック

アトミックロボキッド(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【アトミックロボキッド(最新無料動画はここをクリック)】