西遊降魔録 流棒妖技ノ章(アーケードゲーム◆テクノスジャパン)

【稼働開始日】 1988年
【発売元】 テクノスジャパン
【開発元】 テクノスジャパン
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”テクノスジャパン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1988年にテクノスジャパンから業務用ゲームとして稼動していたアクションゲームである。

西遊記をモチーフにした縦画面のアクションゲーム。

孫悟空・猪八戒・沙悟浄の中から1人を選び、塔の中にいる妖怪と戦い、ボスを倒せば一面クリア。

途中で出るアイテムで術による特殊攻撃の回数がストックされる。

K.Oされると残機が減り、3機倒されるとコンティニューするかゲームオーバーかを選ぶ。

全五面をクリアすればエンディングとなる。

2人同時プレイ可能。

塔では段差から飛び降りるとキン斗雲で飛び、戦闘を離脱することができる。

ちなみに三蔵法師は選ばれなかった弟子と塔の外で待っている。

記事の引用元はここをクリック

西遊降魔録 流棒妖技ノ章(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【西遊降魔録 流棒妖技ノ章(最新無料動画はここをクリック)】