ミッドナイトレジスタンス(アーケードゲーム◆データイースト)

【稼働開始日】 1989年10月
【発売元】 データイースト
【開発元】 データイースト
【ジャンル】 アクションシューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”データイースト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

コナミから発売されたアクションゲーム『魂斗羅シリーズ』の大ヒットにより、他メーカーからも似たようなゲームが続々発売された。

データイーストも似た様なゲームとして本作を発売。

当時はアクションゲームに定評があり、かつ奇ゲーメーカーの大手としても知られていたデータイーストの作品という事で、本作は色々と注目されていた。

本作は一本のループレバーと2個のボタンで大地(並びに光二)を操作するシステム。

レバーを上方向に入れてショットボタンを押すと、バックパックの弾を使うことが出来る。

ループレバーは45度角で回転し、回す事によって攻撃方向を変える事ができる。

これによって自機を動かしながらあらゆる方向に攻撃することができ、更にジャンプしながらの下攻撃やしゃがみながらの回転攻撃など、様々なバリエーションを駆使した操作性が楽しめるため、味が出てくる。

ループレバーによる操作性を取り入れた本作は、他メーカーから発売されたアクションゲームでは殆どマネ出来ない作りになっており、色々な操作でプレイできるため、やりがいがある。

やはりこの手のゲームの御約束というべきか、慣れないうちは如何にして残機を減らさずに攻略できるかが初心者の壁となっている。

データイーストが開発したアクションゲームの中でも、ループレバーを使用した操作性やネタ率が高いオープニングが本作を象徴しているうえ、人質救出数を調整(!?)出来ることもあり、やればやるほど、やりがいがある。

記事の引用元はここをクリック

ミッドナイトレジスタンス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ミッドナイトレジスタンス(最新無料動画はここをクリック)】