ソニックブラストマン(アーケードゲーム◆タイトー)

【稼働開始日】 1990年
【発売元】 タイトー
【開発元】 タイトー
【ジャンル】 その他

[csshop service=”rakuten” keyword=”ソニックブラストマン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

パンチングマシーンとは、圧力センサーや速度計測装置等が搭載された特殊なサンドバッグを殴り、そのパンチ力を測る体感ゲームのこと。

本作はそうしたパンチングマシーンの要素を踏襲しつつコミカルな演出で彩ったユニークなゲームである。

地球の平和を守るため、遥か星の彼方からやってきた正義のヒーロー「スーパーソニックブラストマン」となり持ち前のパンチ力を駆使して悪漢や地球を襲う危機を退けていくのだが、全編通じてB級チックなアメコミの臭いがプンプンで、おバカなノリの演出のバカゲーとして有名。

主人公・スーパーソニックブラストマンに変身するのはサラリーマンらしき男性。

ゲームのタイトルは『ソニックブラストマン』だが、主人公の正式名は「スーパーソニックブラストマン」。

他社の看板シリーズとは関係ない。

線路の上で縛られた女性を颯爽と助けるオープニングデモが印象的。

だがその方法は女性を運び去るのではなく、「私のパンチを受けてみろ!」と言いつつ迫り来るディーゼル機関車をパンチで破壊するというもの。

どう考えても被害が拡大しているような気がするが気のせいだろう。

5ステージのうち任意の1つを選んで攻略する。

専用のグローブをつけ、画面の合図と共にサンドバッグを殴ると、そのパンチ力が表示される。

ちなみに表示単位は「トン(t)」。

殴れるのは計3発。

殴るたびに画面上の標的の様子も変化していく。

3発分のパンチ力の合計がそのステージのノルマ値に達すれば成功、足りなければ失敗となる。

成否に関わらず、選んだステージ1つだけで1ゲームは終了する。

地味なパンチングマシーンに、豪快で派手な演出をプラスした一作。

スーパーソニックブラストマンの勇姿は、プレイヤーの心に深く刻まれたことだろう。

記事の引用元はここをクリック

ソニックブラストマン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ソニックブラストマン(最新無料動画はここをクリック)】