麻雀狂列伝 西日本編(アーケードゲーム◆SNK)

【稼働開始日】 1990年
【発売元】 SNK
【開発元】 SNK
【ジャンル】 麻雀ゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”麻雀狂列伝” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1990年にSNKよりアーケードゲーム筐体Multi Video System (MVS) 用として発売された2人打ち麻雀ゲーム。

家庭用ネオジオは同年4月26日に発売され、廉価版も1991年7月1日に発売されている。

唯一の移植としてネオジオCD版が1994年9月9日に発売されている。

主人公は大阪のキタでは名の売れた27歳の若い雀士。

麻雀の腕を磨きながら、幼い頃から一緒で、今は麻雀で生計を立てていると言う5歳年上の兄を探す旅に出る。

『西日本編』というタイトルであるが、『東日本編』などの続編は発売されなかった。

ネオジオおよびMVSのローンチタイトルであり、BGMとしてオリジナルの演歌が流れることが話題となった。

また家庭用ネオジオとMVS間でメモリーカードのセーブデータが共用可能である。

麻雀専用コントローラに対応しているが、通常のコントローラでもプレイ可能。

MVS版(アーケード版)では対局条件が圧倒的にプレイヤー不利なうえに、最後の対局相手は敗北するとコンティニューが不可能なため、難易度が非常に高い。

特にメモリーカード無しでMVS版をクリアすることは1コインではほぼ不可能で、コンティニューを駆使しても困難を極める。

ゲームは全て2人打ちであるが、持ち点が相手20000~30000点(1人目は20000点、2~3人目は25000点、以降は30000点)、主人公2000点という悪条件で開始する。

ハコテンになるか、1局ごとの終了時に0点以下だと負け(プレイヤーが負けるとゲームオーバー)になる。

半荘戦であり、半荘終了時に相手の持ち点を下回っているとやはり負けとなるため注意が必要。

また、リーチ時に持ち点が1000点に満たなくても借りる(点数はマイナス表記)事ができる。

後付けあり、喰い断なし。

裏ドラはあるが、それ以外のドラはない。

得点の高いツモあがりではランダムで別画面に切り替わり、効果音と共に主人公があがり牌を打つシーンが見られる。

記事の引用元はここをクリック

麻雀狂列伝 西日本編(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【麻雀狂列伝 西日本編(最新無料動画はここをクリック)】