エドワードランディ(アーケードゲーム◆データイースト)

【稼働開始日】 1990年
【発売元】 データイースト
【開発元】 データイースト
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Access Not Configured. YouTube Data API has not been used in project 774792298593 before or it is disabled. Enable it by visiting https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/overview?project=774792298593 then retry. If you enabled this API recently, wait a few minutes for the action to propagate to our systems and retry.

[csshop service=”rakuten” keyword=”データイースト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

データイーストの2Dアクション。

舞台は1930年代ヨーロッパ。

主人公はタイトルにもあるエドワード・ランディと言う男。

彼についての詳細は作中あまり描かれていない。

ちなみに何故か同キャラ二人同時プレイ可能。

ランディの武器は愛用の鞭「クリフハンガー」。

彼はこの鞭で攻撃・移動をこなす事ができる。

第1ステージのサブタイトルが「いきなりクライマックス?」となっており、ドラマチックなストーリーと映画のような舞台展開が見る者をひきつける。

第2ステージのサブタイトル通り、まさに「冒険百連発!」である。

そしてレバーと攻撃とジャンプのみながら非常に多彩なアクションと、騒がしいほどのランディの叫びが大いに盛上げてくれる。

残機無しライフ制だが、スコアとライフが紙一重であり、稼げば稼ぐほどライフが増え、ダメージを食らうとスコアも減少するという、他のゲームではみられない特徴を持つ。

全7ステージ。

アクション映画ばりの豪快な演出の数々、独特のセンスを持つステージタイトル等が見所。

本作の巧みな演出手法は、後のゲーム業界に少なからず影響をあたえており、コアなファンも生み出した。

多彩なアクションにランディの叫び。

叫びとだけ書くと五月蝿いように思えるが、これが意外に心地良い。

飛行中の飛行機の翼の上での戦闘、横に縦に(画面奥から前方に)と進行方向が頻繁に切り替わる水上でのボートチェイス、走行中の車とバイクの上での戦い等、ステージはめまぐるしく変化する。

ゲーム進行に合わせ、画面スクロールや背景の流れる向きも文字通り縦横無尽に変化する。

キャラクター動作のみならず、激しく流れるので気づき難いが背景も美しい。

アクションゲームには珍しい操作方法なので慣れるのが大変。

映画のような息をもつかせぬ展開、豪快なアクションと演出、そして秀逸なBGMとグラフィック。

同社の『ザ・グレイト・ラグタイムショー』同様に「ゲームの目的はクリアする事ではなく、楽しむ事なのだ」と教えてくれるデータイースト作品中でも屈指の名作と評価できるだろう。

プレイする方法は非常に限られている。

もし幸運にもプレイする機会に恵まれたならば、是非ともランディと共に冒険百連発を思う存分堪能してみてほしい。

基板出荷数は少なく、移殖もされていないレアゲーとなってしまっている。

同社の『ザ・グレイト・ラグタイムショー』にも同じ事が言える。

最早デコゲーの宿命みたいなものなのかもしれない。

記事の引用元はここをクリック

エドワードランディ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【エドワードランディ(最新無料動画はここをクリック)】