麻雀CLUB90’s(アーケードゲーム◆日本物産)

【稼働開始日】 1990年10月
【発売元】 日本物産
【開発元】 日本物産
【ジャンル】 麻雀ゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ニチブツ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1990年に日本物産がアーケードゲームとして開発、発売した、脱衣麻雀ゲームである。

アーケード脱衣麻雀によくある、成績に応じて購入可能な使い切りタイプのイカサマ技に加え、攻略済みキャラクターを最大2人まで味方につけることで、そのキャラクターの持つ永続タイプのイカサマ技を使用可能となっている。

また、味方は対戦相手ごとに変更可能、攻略順序はプレイヤーの任意選択であるため、どの順に攻略し、どのキャラクターの時にどの味方をつけて対戦を挑むか、といった点で戦略に幅を持たせている。

メニュー画面にて対戦相手を選択する。

既に攻略済みのキャラクターがいれば、対戦相手を選択する前に選択することで、最大2人まで味方に付けることが可能である。

なお、メダルを持っている場合は、使い切りタイプのイカサマ技を購入するために、自動販売機を選択することも可能である。

対戦相手を選択後、麻雀の対戦が始まる。

味方を付けて対戦を行っている場合は、1人の場合は画面左に、2人の場合は画面左右に、無着衣状態の乳房が横向きに表示される。

麻雀部分のルールは、二人打ち、開始時の持ち点は1500点、アリアリ、ウラあり、槓ドラあり、槓ウラあり、となっている。

なお、役満時の点数上限は4倍満(ダブル役満等はなし)となっている。

プレイヤーが上がると、上がり回数に応じて2段階の脱衣画面が表示される。

対戦相手の選択画面で自動販売機を選択することで、メダルを用いて使い切りタイプのイカサマ技を購入することが可能となっている。

記事の引用元はここをクリック

麻雀CLUB90’s(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【麻雀CLUB90’s(最新無料動画はここをクリック)】