バンダイク(アーケードゲーム◆UPL)

【稼働開始日】 1990年
【発売元】 UPL
【開発元】 UPL
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”LSIゲーム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

縦画面見下ろし型アクション。

『ワルキューレの伝説』タイプといえば分かりやすいだろうか。

1レバー2ボタン式。

攻撃ボタンで攻撃。

進行方向に応じて攻撃方向が変化する。

ジャンプボタンでジャンプ。

高所に移動したり、一部攻撃を無効化して移動することができる。

道中ではさまざまなアイテムが出現。

入手することでさまざまな効果を及ぼすことができる。

自機は赤いパンツ一丁のマッチョ男。

敵キャラクターはハァハァと荒い息を立てる筋肉男や、ラートで回転しながら飛び込んでくる裸の男と、プレイヤーに対して媚ない男らしいゲームと称される。

最大の特徴と言えば、回復アイテムを取得した際のポージングである。

ポージングの種類は無駄に多く、ポージングを見たいがためにプレイをするファンがいるほど。

難易度はそれほど高くないのだが、ミスしたあとは必ず剣を装備してのその場復活になるので、一度ミスすると建て直しが困難で、大抵の場合詰む。

変なゲームである。

UPLらしい見る者を不安にさせるキャラクターデザインも、異質ともいえる高難易度もナリを潜め、UPL版『ワルキューレ』、または『超兄貴』とも呼べる、そういった代物。

プレイヤーの笑いを誘うセンスが見え隠れしているのだが、バカゲーかというとそういうわけではない。

いたってまじめに、映画『コナン・ザ・グレート』の世界観を意識した見下ろし型アクションゲームのはずだ。

変なエッセンスがあるにはあるものの、ゲーム性はいたってシンプルでわかりやすい。

持ち直しが絶望的な面にさえ目を瞑れば、出色の完成度ではなくとも出来は大変よいため、割と多くの人が本作を「お気に入りの一本」にあげている。

記事の引用元はここをクリック

バンダイク(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【バンダイク(最新無料動画はここをクリック)】