スターブレード(アーケードゲーム◆ナムコ)

【稼働開始日】 1991年9月
【発売元】 ナムコ
【開発元】 ナムコ
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ナムコ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1991年にナムコから稼働されたアーケードゲーム。

先行作品『ギャラクシアン3』(1990年)の世界観を踏襲した、一人用の3DCGガンシューティングゲームとなっている。

UGSFシリーズの1つである。

自機「ジオ・ソード」を操作し、敵の母星「レッド・アイ」に到達するのを目的としている。

「戦闘機に乗り込んで戦う」という一人称視点を採用したゲームである。

ただし、プレイヤーはその操縦には触れず、パイロットではなく砲手を担当する。

つまり、実際は決められた進路と視野運動に沿って現れる敵を、両手で持つ大きな火砲型コントローラ(ガンシューティングとしては非常に取り回しの難しい大きさ)で狙い撃ち落す、オーソドックスなガンシューティングゲームである。

映画『スター・ウォーズ・シリーズ』等で見られるような宇宙戦闘を体感できる。

内容は視覚、聴覚、触覚を刺激する“スター・ウォーズ・シミュレーター”と言えるものだった。

事実、敵(及び味方)艦隊やアステロイドの間をすり抜けながらの飛行や敵勢力の惑星型最終兵器「レッド・アイ」への侵入突撃や、整列した建造物群の溝状の合間に上空から急降下で入り込んだりするなど、演出面で『スター・ウォーズ』を意識したような所が多くみられる。

システム基板には、同社のSYSTEM21(ポリゴナイザー)を採用している。

本作では画面に登場する全てのオブジェクトが合計5基のDSPによってリアルタイムに生成・描画されている。

非常にインパクトの強い筐体だったが、凹面鏡のため、筐体に乗り込んだプレイヤー以外からはゲーム画面の正常な視認が不可能な上、座高が許容範囲を超えた場合に映像の焦点が合わない弱点を持っていた。

ゲームの難易度はかなり高く、敵の出現順・場所をしっかり覚えてパターン化していないと、BGMを聴くことができるところまで進むことは難しかった。

これは、3次元的に動く敵に対して、3次元的に動くビーム(弾)を数発当てなければ敵を破壊できないこと、4つのショットボタンがあるとはいえ、ハンドル状の操縦桿(可動部分)にボタンが付いている為に、安定した連射を行うことが難しかったことから、予測射撃を使って効率よく敵に弾を当てていかなければ、ろくに敵を破壊できなかったことが原因である。

しかし、このゲームは連射による弾切れへの耐性がかなり高かったため、高速な連射装置をつけることで、ショットは途切れ途切れのビームでなく連続ビーム状となり、劇的に、それこそ別のゲームであるかのように難易度を引き下げることが可能であった。

このため、ある程度発売から時間が経過してきた頃になると、連射装置を付ける事で、客層を広げて延命をはかろうとする店舗も多く見られた。

記事の引用元はここをクリック

スターブレード(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スターブレード(最新無料動画はここをクリック)】