レゾン(アーケードゲーム◆タイトー)

【稼働開始日】 1991年9月
【発売元】 タイトー
【開発元】 アルュメ
【ジャンル】 シューティングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=855285235278

[csshop service=”rakuten” keyword=”タイトー” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

読み方がわかりにくい事や、製作するゲームに「とある傾向」があることで一部ゲーマーに有名なメーカー、アルュメが発売した横スクロールSTG。

どこからどう見てもアレな世界観とゲームシステム、そして難易度の高さからカルトな知名度を持つ一作である。

操作は8方向レバー+1ボタン。

自機の攻撃は直線ショットとアイテムを獲得すると自機の上下に装備される「VAWS(通称アーム)」から発射される各種レーザーとなっている。

アームは自機の横方向の動きに合わせて回転し、レーザーの発射方向も変化する。

ショットボタンを押し続けている間は向きが固定される。

全6面の1周エンド。

どこからどう見ても『R-TYPE』な世界観。

機械と生物が融合したような有機的なデザインの敵、波動砲こそないが、3種類のレーザーを持つ自機(名前も「SR-91」)など、パロディやオマージュといった言い訳が通用しないレベル。

世界観だけならまだしも、ステージ1の構成もまんま『R-TYPE』1面そのまま。

複数の戦艦と戦うステージやドップのような敵が動き回るステージなどもある。

なお、ゲーメストのインタビューに「半端に真似る位なら徹底的に模倣した方がいいと思った」とスタッフが答えた事でも話題になった。

アームの操作が何気に難しく、かなりテクニカルなプレイが要求される。

ショットボタンを押している間は角度が固定されるが、連射機能はない。

連射しながら横移動するとアームが固定されないので操作はかなり難しい。

アームをうまく固定しながら攻撃するのは非常に慣れが必要。

敵の攻撃も苛烈でアドリブは利きにくく、簡単にミスしやすい。

初心者は1面すら突破するのが困難。

『R-TYPE』のパクリが話題になりやすいが、実際にプレイすると『R-TYPE II』に比肩する超高難易度っぷりが容赦なく襲ってくるSTGである。

出回りが悪かったこともあり家庭用ゲーム機には移植されておらず、今から遊ぶのは困難を極める。

もし見つけたら、瞬殺されるのを覚悟の上で話の種にプレイしてみるのもいいかもしれない。

記事の引用元はここをクリック

レゾン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【レゾン(最新無料動画はここをクリック)】